2007年03月07日

不安は多々あれど……

日本ハム金子洋130m弾!
金子洋 パワーで2ラン、三塁打 新人離れ1軍へ前進
新人離れ 適時三塁打に中越え弾
日本ハム“飛ばし屋ルーキー”金子洋が中越え弾!スタメン見えた
日本ハム無印山本が本命浮上
日本ハム・山本2回0封、雑草魂でポスト岡島名乗り
日本ハム糸井の足に敵も驚き

 この時期は一軍での実績がない選手のアピールのしどころ。まだオープン戦も始まったばかりで、相手も手探りだし、試している面もあるだろう。シーズンが始まればこうはいかないわけだが、まあ希望ぐらいは持ちたい。

 洋平、山本とドラフト下位指名でさほど期待もされていなかった選手が猛アピール。もはや洋平に関してはケガでもしない限り開幕一軍は間違いないだろう。問題は糸井との定位置争いだが、どちらも経験値が絶対的に足りないから、少しでも調子を落とせばすぐ坪井あたりにとって代わられるかも。だけど今年1年は守備などには目をつぶって使い続けてほしいもの。実戦を積まなきゃ成長もないわけでね。問題は首脳陣がどれだけ我慢できるかだ。去年は守備で勝ちぬいたチームだけに、ちょっとの守備の乱れが即成績に結びつきそうなのが怖いのだが……

 洋平は直球に関しては問題なさそう。あとは変化球への対応だろう。糸井は当面脚をアピールするのが近道のよう。理想は洋平一塁、糸井センターだけど、そうすると木元の持っていき場所が……
posted by Fighters503 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

糸井はすごい

対ロッテ@鎌ヶ谷
日本ハム糸井が華麗なる転身/オープン戦

 去年もオープン戦から春先までは極度の貧打で、投手陣のふんばりでなんとか勝ちを拾っていたから、こんなものといえばこんなものなのだが、やはりここまで決め手に欠けるとやや心配になってくる。

 そんな中で孤軍奮闘が糸井。途中出場で2打数2安打、しかも2塁打3塁打と長打のマルチだ。サインの見落としなどチョンボもあって経験の浅さを露呈しているけど、やはりスケールはとてつもなく大きいようだ。

 スイーニーも無難なピッチングで、ローテ入りはほぼ当確か。

(現在までのところスタメン及び一軍候補)
中 森本
二 賢介
三 グリーン
D セギ
右 稲葉
一 木元
中 糸井
捕 信二
遊 金子誠

(捕)
鶴岡
中嶋
(内)
飯山
幸雄
稲田
(外)
坪井
金子洋介

(先発)
ダル
八木
金村
グリン
スイーニー
武田勝
(中継ぎ)
武田久
伊藤
須永
建山
宮本
(抑え)
マイケル
 
posted by Fighters503 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

やっぱり野球は楽しい

 仕事を終えてそそくさと帰宅、テレビの前へ。久々の札幌ドームからの野球中継。讀賣戦だ。実況城野、解説光山のおなじみのコンビ。野球の季節がやってきたな、と実感する。
http://www.fighters.co.jp/team/open/070301.html

 試合は一軍半クラスの若手主体の讀賣に完敗。とくに内海、会田のふたりには手も足も出ない状態だった。最終的には讀賣と同じ安打数だったのに、攻めのチグハグさが目立った。今の段階で悪いところが出たほうがいいだろうが、今年はこういう試合が多くなりそう。以下、ランダムに気付いたところを。

 ダルは小笠原の打席では気合いが入っていた。とくに第一打席、150キロ前後のストレートを5球続けて投げ込んだのはしびれた。そのほかはかなり気が抜けた感じの投球で結果的に2点とられたけど、本人の言う通り調整は順調という印象だ。マウンドでの姿もいっそう逞しくなったような……

 八木も順調。フィールディングの良さも見せて、調整遅れが心配されたものの、これなら問題なさそう。

 野手で目立ったのは糸井。去年のアジア・シリーズで一打席だけ見たけど、そのときより落ち着いていたし、構えもどっしりしてきた。身長があって足が長いので見栄えがする。まだアピール中の段階なのであまり余裕は感じられなかったけど、大物の予感がひしひし。パワーもありそうだし、変化球のさばきもいい。秋山二世という言い方をされているようだが、確かにそれだけの可能性は秘めていそうだ。首脳陣は守備には多少目をつぶって、一年間我慢して使い続けてほしい。私も目一杯応援します。

 噂の金子。打席での様子はすでに何年もプロで主砲を張ってきたような貫禄。雰囲気のある選手だ。飯山のバントでスタートで遅れて簡単に封殺された走塁はボーンヘッド。打つだけの選手にはなってほしくないけど、近い将来、糸井、金子、鵜久森のクリーンナップなんてことになったら失禁ものだね。

 グリーンはまだちょっとわからない。光山の評価はえらい高かったけど、送球が不安定だし、バッティングもうまさと強引さが同居している。元横浜のローズみたいになってくれるといいけど。

 そのほか目立ったのは信二の振りの良さ。三振ゲッツーとったり、守備も悪くない。キャッチャーとしての守備的実力は鶴岡のほうが上と評価されているようだが、やはり信二が定着してくれるに越したことはないと思う。
 また、坪井への声援には驚いたし、今年に賭ける気迫も感じられた。ひちょりがいまいち元気がないように見えたのは気になった。

 まあいずれにしろ開幕まであと3週間以上ある。じっくり調整して万全の調子で臨んでほしい。

 しかしうっかりこの日が発売日だということを忘れて千葉マリンでの開幕戦のチケットを買い逃したのは痛恨。オークションで落とすか、テレビ観戦か……うーむ…… 
posted by Fighters503 at 10:37| Comment(3) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

大器の予感

糸井 俊足で4安打5得点マーク
打者転向・糸井1発4安打!“ポスト新庄”猛アピール
日本ハム・糸井140メートル弾!ポスト新庄だ
「宇宙人」日本ハム糸井大爆発もポロリ

 このブログでもずっと注目していた大器が、ついに爆発。まあ相手が相手だし、この乱戦(22対9でファイターズの勝ち)だから、あまりアテにはならないと思うけど、精神面で課題があるという本人の自信になってくれれば。金子洋平DH、糸井がレフトという布陣が組めれば楽しみは一杯だ。

LGとの練習試合
posted by Fighters503 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

ダルビッシュのインタビュー

TBSラジオ 聞き手:永谷脩(14分弱)
http://www.tbs.co.jp/radio/dc/uwasa/uwasa_070223.asx

すごい率直。そして意外と饒舌。
別れた彼女のことまで喋ってる。
ちゃんと自分を持っているし、20歳とは思えない。

なんか例の事件以来、猫かぶって優等生ぶりっこしているような印象があったけど、ちょっと修正する必要あるかも。

好感度アップしました。
posted by Fighters503 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

キャンプ・9

ダル右脇下筋肉痛で一時離脱、完走に暗雲

 軽傷のようだが、無理せずお願いします。

日本ハム2年目の木下が2回完全の好投
日本ハム2年目・木下 猛アピール
木下2回パーフェクト 紅白戦 

 きかん気の若者。鎌倉や須永に刺激を与えてほしいものである。それにしても投手陣は充実してるね。たぶん首脳陣は、木下に関しては今年の戦力としてはさほど期待していないとは思うが、本人とすれば一刻もはやく上にあがりたいだろう。はたして一軍枠に入れるか。
 それにしてもこの日の投手陣。木下以外はボロボロだ。
正 田 3回 打者14 被安打6 自責点2
内 山 1回 打者 5 被安打2 自責点0
星 野 2回 打者12 被安打7 自責点0

木 下 2回 打者 6 被安打0 自責点0
中 村 2回 打者10 被安打4 自責点4
橋 本 2回 打者10 被安打2 自責点2

 内山は実質プロ初登板だから仕方ないとして、星野、中村は年齢の割に実績がないだけにこのままでは厳しい。もちろん正田もあとがない。

日本ハム・セギが主砲健在ぶりをアピール
好調時のフォーム維持 セギノール

 昨年序盤の絶不調を本人も気にしていると思う。もともと好不調の波が激しいタイプだが、今年はシーズン通してコンスタントに働いてほしい。
posted by Fighters503 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

キャンプ・8

光山英和のコラム(2/19付)

昨年のように札幌ドームのファンを戦力に持っていけるかどうかです。
あの声援は本当に4番バッター並の戦力になっていました。
SHINJOが抜けた事で勝たないと球場まで足を運んでくれないはずです。
そのためには開幕からドンドン勝っていってファンを勝つ事で楽しませないとダメでしょう。


 いや、これはまったくその通りだと思う。昨季終盤から日本シリーズにかけての快進撃は、その声援はあればこそだった。私は東京在住なのでさほど貢献できないとは思うが、できるだけ念を送ります。東京ドームにも足を運ぼう。

ダルビッシュはほんとに凄い!彼の可能性は松坂よりも凄いものがあると僕は思っています。
もし松坂と同じようなトレーニングを積んで同じぐらい高い意識を持ち続ければ、
本当に歴史に名前が残るようなそんなピッチャーになると思います。


 うひょー! 潜在能力は松坂以上! 光山はミエミエのお追従を言う人ではないので、信用してもいいかな。報道を見る限りではかなりプロとしての自覚も出てきているようなので、今年はマジに投手部門のタイトルを総なめするような活躍が期待できるかも。ケガだけは気をつけて、ファイターズに骨を埋めてくれるといいね。


posted by Fighters503 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

キャンプ・7

日本ハム・ダルビッシュが初実戦2回完全
ダルビッシュ 初開幕投手へ2回完全
ダル貫録の148キロ、初開幕投手へ強烈アピール
日本ハム・ダルビッシュ全開148キロ!実戦初登板2回6人斬り
ダル 完ぺき!初実戦2回0封
日ハム・ダル、2イニング完ぺき!いきなりMAX148キロ

 いつかこの日記で「慢心で調整不足?」なんて書いたけど、大変失礼しました。昨季終盤での急成長で「大エースへの道を歩みつつある」と感じたけど、もうこうなったら怖いのはケガだけだ。
 紅白戦でダルと投げ合う予定だったらしい金村はなぜか回避。こりゃ開幕投手は決まりか。

日本ハム八木が新投法に見切り

 一方の雄は試行錯誤の真っ最中。新フォーム、ちょっと見切りが早い気もするが、これからセットポジションの練習をして開幕に間に合わせなきゃならないことを考えれば、決断ははやいに越したことはないか。


日本ハム武田勝が腰痛から復帰し60球

 ほかに紅白戦では須永なども結果を出したようで、楽しみ。武田勝を中継ぎにまわして、須永は八木と並んで左のローテで、というのが個人的には理想。

<個人的な理想のピッチング・スタッフ>
(先発)
ダルビッシュ
八木
金村
グリン
スウィーニー
須永

(中継ぎ)
武田久
武田勝
建山
清水
菊池
伊藤
江尻
押本

(抑え)
マイケル

 宮本、糸数はもう少し時間をかけて。ほんとは鎌倉に出てきてほしいけど……


日本ハム糸井が快足で定位置獲得へ追撃

 守備はまだ不安定みたいだが、我慢して実戦で使い続けることで成長もあるだろう。今年後半にはレギュラーを奪取するつもりで、ひとつ。たぶん来年にはメジャーにいく福留の後継者になればいい。
posted by Fighters503 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

キャンプ・6

日本ハム金子洋が4番でまた打っちゃった
背番号40 星野代表監督の前で快打

 バントとバスターを失敗したあとっていうのが余計だが、よく打つねえ。大学から社会人を経ての下位指名入団。入団前の低い評価は、それなりの理由があるのだろうし、このまま打ち続けるようならいずれ各球団に研究され壁にぶつかるだろうが、それでも「もしかしたらすごい掘り出し物かも……」と期待を持たせてくれる。この日は糸井も小谷野も結果を出したようだ。外野の争いはほんとに熾烈を極めてきた。

 どんな球団のファンでも、この時期だけは「今年こそ……」と期待に胸を膨らませる。もちろん我がファイターズのファンも例外ではない。事前の評価が低いのはわかりきっているから、もしダメでも覚悟はできている。いい意味で裏切ってくれたら、こんなに嬉しいことはない。

B000LRZHYQ.01._SS400_SCLZZZZZZZ_.jpg
 DVDソフト『SHINJO』を見た。発売告知されて速攻で予約したものの、届いてしばらくは見る気もせず。制作に時間をかけたということだろうけど、発売のタイミングを逃した感は免れないかな。

 とはいえ、内容はなかなか良かった。全ホームラン、ファインプレー、パフォーマンスなどファイターズ時代の3年間の歩みを追った映像を中心に(キャンプや自主トレの風景、CM撮影風景など珍しい映像も)、阪神時代からの歩みやオフショットなどもまじえた内容。やはり新庄は稀なる人材だったと痛感する。彼のような野球選手は、もう2度と出てこないだろう。引退からまだ半年もたっていないというのに、まるではるか昔のおとぎ話のように感じてしまった。
 思えば札幌ドームを満員にする、優勝するなど、新庄の言葉はすべて現実化してきたのだ。球界再編騒動の中、オールスターでの新庄の明るさがどれほど救いになったことか。そう思うと、新庄は野球の神様がこの世につかわした天使だったのではないかと思えてくる。いや、柄にもないこと言ってますけど、そんな幸せな気分にさせてくれる、いいソフトだった。



posted by Fighters503 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

キャンプ・5

 どうやらノリは中日入りのよう。しかし育成枠って……登録されるのは既定路線なのかもしれないが、ちょっとやりすぎじゃないのかね。見せしめの意味が大きいんだと思うが、いくらなんでもあれだけ実績のある選手に対して失礼じゃないか。

 私はノリ獲得賛成派だったからファイターズ入りが消えたのは残念といえば残念だが、どうやら球団はノリ側の間接的な申し出に対しても黙殺してたようだし、ここにきて若手がすごい勢いでアピールしているので、痛手は全然ない。

日本ハムが1、2軍メンバーを入れ替え

 糸数、川島、陽は故障による別メニュー調整らしい。これで外野のレギュラー争いは糸井、坪井、紺田、金子、小谷野に、内野は木元、稲田、飯山、グリーン、田中幸雄、尾崎に絞られたか。小田の噂を全然聞かないが、大丈夫か?

 投手はほぼ順調な調整を続けているようだ。光山によれば、菊池と伊藤が非常にいい状態らしい。楽しみである。

いまのところ開幕スタメンは

中 森本
二 賢介
右 稲葉
D セギノール
一 木元
三 グリーン
左 坪井
二 信二
遊 金子誠

てところか。紅白戦や練習試合をみると、ひちょりと賢介は入れ替わりがあるかもしれない。セギをファーストに、木元をサードに、金子洋介をDHに入れる攻撃型オーダーもあり。賢介1番、糸井か稲田を2番で、ひちょりを6番という手もある。もちろん「打たなきゃ使わないぞ」と言われているという信二の代わりに、どうやら捕手としての評価は信二より上らしい鶴岡のスタメンも。いろいろオプションが多くて楽しみが大きいね。
posted by Fighters503 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

キャンプ・4

阪神との練習試合

 スカイAにて観戦。ビデオ以外で野球の試合を見たのは久しぶりだ。やっぱり野球は楽しいね。

 須永は無難なピッチング。喜田の一打はホームラン臭かったけど、桜井のホームランは、たぶん札幌ドームならいいとこフェンス直撃という当たりだったから、よしとしよう。もう少しストレートにスピードが出てくればいい。江尻は短いイニングだと集中力が途切れない感じ。ほかの先発候補の仕上がり次第ではセットアッパー転向もありそうだ。
 橋本はバックに足を引っ張られて気の毒な部分もあったけど、どうしちゃったのという乱調。解説の湯舟によれば、スライダーはいいのでそれを活かすようなピッチングを、とのこと。つまり今成のリードにも問題ありってことか。個人的に期待している菊地は、いいタマと悪いタマがはっきりしているようで、そのへんのムラをなくすのが課題だろうか。

 乱打戦だったのであまりアテにはならないかもしれないが、打線はおしなべていい感じ。4番に座っても物怖じしない金子はなにやら大物の風格も。2盗3盗と決めた糸井も潜在能力の高さをアピールしていたし、エラーでミソをつけた小谷野は、さすがにパンチ力はすごい。坪井のタイムリー2ベースも目の覚めるようなすごい当たりだったし、工藤もしぶとい。川島や紺田もいるから、外野の争いはかなり熾烈だ。稲葉はともかく、まだレギュラー定着して1年のひちょりも、うかうかしていられないんじゃないか。
 グリーンの選球眼の良さと堅実な打撃も役立ちそう。稲田は順調に伸びているようだし、木元、陽、尾崎、それから二軍にいる小田が出てくれば、ふたつ空いている内野のポジションもうまくはまる。

 いろいろ課題もあるが、この時期はなるべくいいところを見たい。まだシーズン開幕まで時間はある。若手が伸びるのは十分な時間だ。楽しみ楽しみ。
posted by Fighters503 at 22:15| Comment(1) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

キャンプ・3

 はやくも紅白戦開始。

金子洋平、140メートル場外弾
金子洋平いきなり新人4番!プロ1号…新庄の穴も埋まった
日本ハム新人・金子洋いきなり場外弾!“ポスト新庄”に名乗り
金子洋“新庄後継”場外弾デビュー
日本ハム新戦力が豪打競演!ノリは不要?
金子洋、グリーン アーチ含む3安打

 大学を経て社会人から入った金子洋平。他の新人と違い、すぐに結果をださねばならないという思いもあるんだろう。まずは最高のスタート。もちろんこのまますんなりいくとも思えないが、外野の定位置争いがさらに熾烈になりそうなのは、いいことだ。この日は糸井も坪井も結果を出したようだし。

イインダヨ「グリーン」ダヨ 来日1号!…日本ハム、小笠原の穴埋まった

 あまり評判がよろしくないという噂も聞いていた新外人が一発回答。まあ開幕前に打ちまくりシーズンが始まるとサッパリ、という外人は腐るほどいるから、まだまだこれから。

紅組 411 001=7
白組 210 420=9

<紅 組>
1(二) 田中賢 3−2
2(中) 紺 田 1−0
3(右) 川 島 2−0
4(左) 金子洋 3−3 2打点
5(一) 小谷野 2−0 1打点
6(三) グリーン3−3 2打点
7(捕指)鶴 岡 3−2 1打点
8(遊) 飯 山 3−1
9(指三)高 口 1−0
10(指捕)駒 居2−0

須 永 3回 打者15 被安打5 自責点3
中 村 1回 打者8  被安打5 自責点4
金 森 2回 打者10 被安打2 自責点2

<白 組>
1(左) 坪 井 4−2 3打点
2(中) 森 本 4−1 1打点
3(右指)糸 井 3−2
4(三) 木 元 2−1 1打点
5(二) 稲 田 4−2
6(遊)  陽  2−1
7(一三)尾 崎 2−0
8(捕) 今 成 3−2 1打点
9(指右)工 藤 1−1 2打点
10(指一)渡 部2−0

菊 地 2回 打者12 被安打4 自責点4
江 尻 2回 打者8  被安打3 自責点1
橋 本 2回 打者8  被安打4 自責点1

[本塁打]グリーン・金子洋 [二塁打]金子洋・木元・今成・森本
[盗塁]木元・稲田  [失策]田中賢・飯山・稲田2

スポーツナビのリポート

 紅白戦は、打てば打ったでディフェンスが心配になるし、投手が好投すれば打撃が心配になる。上記リンクで指摘するように、今年大きく伸びることが期待される若手投手がことごとく打たれたことが気になるところ。まだ先は長いが、一軍実績の乏しい上記4投手のうち、最低でもふたりぐらいは生き残って欲しいもの。去年は堅守で勝ちぬいただけに、守備の乱れも気になるところだ。

 投手がそんな調子だったので打撃陣の好調も全幅の信頼が置けるわけではないが、これで若手が自信をつけてくれれば。

 しかし、左ふとももを痛めたらしい木元の状態が心配。なかなかすべてがうまくいくわけじゃないですね。
posted by Fighters503 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

キャンプ・2

光山英和のコラム

 特定の人気選手のことしか伝えない新聞記事に比べると、光山によるGAORAのキャンプ・リポートは、さすがにかゆいところに手が届く内容だった。糸井を取り上げてくれたのはうれしい。光山の指摘するように精神面でちょっと弱いところがあるようだが、練習を重ねて自信をつけ克服してほしい。将来的には新庄の後継といわず、もっとスケールの大きな、元西武の秋山ぐらいになってくれるといいね。

スポーツナビのキャンプ・リポート

前年度優勝チームで、みんながみんな、やらなければ、という思いが伝わってくるキャンプも珍しい気がします。

裏を返せば、小笠原,新庄が抜けた穴を全員がしっかり認識しているという現れでしょう。
とある首脳陣は「うちは大方の予想では4,5番手だからな」

優勝したからといって天狗になるチームはさすがに今までも見たことはありませんが、
連覇への必死さというより、これをやったら優勝できるというような自信めいた余裕のようなものをどことなく感じます。

ところが日本ハムの今年のキャンプを見ていると、同じことをやっていたら連覇は出来ないんだという必死さのほうが多く伝わってきます。
 

 これを読む限り、いい雰囲気でキャンプは進んでいるようだ。小笠原や新庄の離脱が、いまのところいい方向に作用している。「やっぱり小笠原や新庄がいないとダメか」と言われるのは、昨季のレギュラー組には耐え難いことだろうし、チャンピオンチームから思わぬ形で空いたレギュラー・ポジションを巡って、各選手が俄然やる気になるのは当然。ひちょりも賢介もまだ実績不足だから、安閑とはしていられない。全員目の色を変えているのがよくわかる。まあ最終的に現有戦力では足りないと判断したらノリ獲得に走るのかもしれないが、もちろん若手の誰かが成長してポジションを埋めてくれるなら、それに越したことはない。グリーンがハズレっぽいのは気になるけど……
posted by Fighters503 at 02:29| Comment(2) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

キャンプ・1

日本ハム武田勝&糸数が腰の張りで離脱

 下のエントリーで「ケガなどないよう」と書いたら、いきなりのリタイア。初めての箇所だという武田もそうだが、短期間で2度同じ箇所をやった糸数はいやな予感。クセにならきゃいいが、いずれにしろこれで調整は遅れそう。でも先は長いから、焦らないように。

 先発はダル、八木、金村、グリンは確定として、あとはスゥイーニー、須永、橋本、鎌倉あたりが横一線という感じか。

(後報)
日本ハム武田勝が腰痛で長期離脱も

あちゃー。ふたりとも。これは痛すぎる……
posted by Fighters503 at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

球春開幕

 今年はアジア・シリーズなど優勝の余波でメディアに取り上げられることが多かったせいか、オフが短く感じる。もうキャンプの季節なんだね。今月終わりにはオープン戦が始まり、その一ヶ月後には開幕だ。

 メディア報道では空港の出迎えが減ったとか、キャンプ初日の客が激減したとか、そんなネガティヴなことしか書かれていないが、これはある程度予想できたことだし、大事なのは戦力の確実な底上げと、外野と内野で抜けたふたつの大きな穴(ついでにいえば左の中継ぎも)をいかに埋めるかだ。それができればいい戦いはできるし、そうすれば札幌ドームの動員も期待できるはず。その過程で新庄に代わるスターが輩出すればいい。ひちょりも頑張っているが、ちょっと滑り気味で痛々しいしなあ……。

 ともあれすべての野球ファンにとって、期待に胸膨らむ時期。どうかケガなどないよう、全員が無事開幕を迎えられますよう。
posted by Fighters503 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

契約更改・14

日本ハム金村、1億8000万円で合意 夕張市民招待プランも

 前回提示額が17000万だったから、結局ゴネ得の形。もちろん交渉事だから提示額に不満ならちゃんと納得いくまで話せばいいわけだが、少なくとも今年の金村にゴネる<資格>があるかどうか疑問。こういうことやってると、いつまでたってもファンは金村を信用しないよ。

 ともあれこれで全員キャンプ前に契約更改完了。キャンプが始まると、いよいよ球春間近ですね。

金村暁 22000万→17000万(保留)→18000万(▼4000万)
posted by Fighters503 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

契約更改・13

八木、5000万円で更改
日本ハム・八木3度目で納得サイン!5000万円プラス出来高

 交渉が巧みというか、最近の子はしっかりしてるなあ、という印象。故障に気をつけて1年間コンスタントに活躍を。

八木智哉 1500→5000(保留)→5000(△3500)

沖縄春季キャンプ参加選手のお知らせ

 いよいよキャンプイン間近。新人3人と菊地、金森、中村、今成が1軍で、鎌倉、小谷野、正田が2軍。武田久と手術明けの小田はあえてスロー調整ということか。今成の1軍帯同は、今年の一軍の戦力というよりは、1軍投手のタマをカラダで覚えさせ鍛えるというエリート教育の一環だろう。木下は上にいくかと思ったが、もう少し基礎を鍛えてから。小谷野、正田はいよいよ崖っぷちだ。
 


 
posted by Fighters503 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

契約更改・12

3度目の交渉で ダルビッシュがサイン

 最初の交渉ではかなり希望額と差があるようなことを言っていたけど、200万の上積み程度で納得したのか。出来高が多いのか、世論の風向きを読んだのか? いずれにしろまとまってよかった。

ダルビッシュ有 3000→7000(保留)→7200(△4200)

(追記)
出来高は青天井!日本ハム・ダルビッシュ、3度目交渉で更改

 出来高をクリアすれば8500万。昨年並みの成績ならクリアかな? 妥当な条件だ。いい励みにしてほしい。

日本ハムが三塁候補ダメなら…ノリ獲得も
獲得あるかも…ハム「ノリは保険」

 中村ノリについては、格安で獲れる状況にもかかわらず、どこも獲得の意志すら見せないのが不思議と思っていた。ヤクルトの撤退の仕方も不自然すぎ。なんか別の力が働いているとしか思えないなあ。
 たぶんいまなら2千万とか3千万+出来高ぐらいで獲得できるはずで、少なくとも働くかどうかわからん外人に何千万も出すよりは全然いい買い物だと思う。ここ数年の成績を見ると確かに衰えは否めないけど、1年フルに出場すれば.260、20発ぐらいは期待できるだろうし、ダメならすぐクビにすればいいだけのこと。さすがに今年1年は死にものぐるいでやるだろうし、チームにも溶け込もうとするだろう。ましてウチは3塁が空いているんだし。
 ということで私はノリ獲得賛成派。坪井を再雇用したのと同じ理由で、ノリを獲ればいい。ベテランが意地を見せるならそれでよし、若手が発憤する材料として捨て石になってくれればそれもよし。とにかく長距離砲がいなし、右の代打が田中幸雄しかいない現状はなんとかしなきゃいかん。ということで、早期の獲得を提言します。選手枠もたくさんあいてるしね!

 それにしても陽は三塁での起用を考えていたわけね。ショートじゃなかったのか。となると尾崎の開幕レギュラーはまた遠くなったということか……
posted by Fighters503 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

契約更改・11

日本ハムがセギノールと1年契約で合意 年俸220万ドル
日本ハム・マイケルは複数年契約…助っ人待遇要求に折衷案
日本ハム・マイケルが最速タイで1億突破

 年明け、まずは助っ人(といえるのか?)ふたりが更改。

 セギはほかの球団からのオファーもなく、2年7〜8億程度の要求から大幅に譲歩した模様。今年は年間通じて、去年の交流戦後ぐらいコンスタントな活躍をしてくれればいいと思うが、これ以上あがるとなると今度は球団の財政事情が許さないかもしれない。好きな選手なので、無事契約更改はうれしいけど。

 セギは単年なのにマイケルは複数年契約。金額的にもかなりの高評価だけに、今年は去年以上の活躍が求められる。変則型だけに、各球団の対策が進むと通用しなくなる可能性がある。くれぐれも研究・進化を怠らないよう。去年だって絶対的な抑えってわけでもなかったからね。

 あとは金村・ダル・八木。いずれもキャンプインまでに契約しそうだ。

セギノール 20000→26800(△6800)
マイケル 4000→15800×2年(△11800)
posted by Fighters503 at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

今年一年を振り返って

 このブログを初めて半年。初めての年末を迎えて、今年1年を振り返ってみようと思う。

 とりあえずひいきにしている球団がアジア一になった。聖地・札幌ドームに都合7試合も足を運んで全部勝って、おまけに3回あった胴上げもすべて目の前で生で見ることができた。いままで応援してきた球団の優勝を経験したことは何回かあるが、今回が一番嬉しかったし、幸せだった。
 
 ほぼ全試合をテレビやビデオで観戦し、いろいろ感想をmixiの日記につらつらと書き連ねていたのを、より多くの野球ファンに読んでもらいたくなってブログを始めた。もっとも肝心の日本シリーズやアジア・シリーズでは気が抜けてしまい、結局一試合も観戦記を書かなかったのは、まさに画竜点睛を欠いていた。それが悔いるところ。

 なぜそうなったかといえば、やはり私にとってもっとも重要で、印象に残るゲームがプレーオフの2試合だったからだ。第2戦の9回表に突然巻き起こったウエーブは、たぶん一生忘れられない。あの瞬間優勝を確信したし、その裏のサヨナラの場面は、あえていえばその追確認でしかなかった。ファンである限り、私はあのときの肌が泡立つような興奮と感動を何度も反芻するだろう。そしてもうひとつ重要な試合をあげるなら、レギュラーシーズン1位を決めた最後の2連戦だ。あの2試合で勝負を決めるホームランを連日打った田中賢介は、来年さらに大きく飛躍するはず。

 選手も言っているが、絶対に負けられなかったプレーオフに比べ、日本シリーズはボーナスのようなもの。自分が札幌にいる間に優勝が決まるとは思わず、優勝を確信したのは金子のスクイズで同点になった瞬間だったが、正直、喜びや感動というより、勝てて良かったという安堵感のほうが強かった。

 それにしても新庄の強運には驚くしかない。優勝して、札幌ドームを満員にするという彼の夢はすべて実現してしまったのだ。引退試合で日本一を決めるなんて劇的な展開は、もう2度とないだろう。ほんとに憎めない、愛すべき選手だった。来年は田中幸雄がそうなるといい。2000本安打の瞬間は、しっかりとこの目に焼き付けたいと思う。

 しかしそうした感動も喜びも一瞬。翌日から小笠原の去就を巡って憂鬱な日々が続く。結局MVP選手のFA移籍という前代未聞の出来事で、日本一もアジア一も水を差されてしまった感は免れない。もう去ってしまった選手のことをあれこれ愚痴ってみても仕方ないが、せめてFAの時期が1年ずれていれば、と思わずにはいられない。

 中日・山本昌の日記によれば、「彼の中では昨年オフに球団が「チームの顔は新庄」という態度だったことに最後までこだわりがあったようです」ということだ。もしそれが本当なら、ずいぶん小さい男だなーという気がする。残念だが、彼の選んだ道だ。私がもっとも忌み嫌う球団に魂を売った裏切り者として、決して許すことはできないが、これまでの彼の功績には素直にありがとうと言いたい。今でもビデオを見返すと心が痛むが、慣れるしかないのだろう。

 ドラフトで田中を逃すわ、小笠原や岡島は去るわ、長野とかいうバカには逃げられるわ、シーズンオフになってロクな話題がないが、とりあえず優勝というネタだけで来年の春までは我慢できそう。主力が次々と抜けたのにロクな補強もしない球団の態勢には大きな不安と不満があるが(多村もズレータも、獲ろうと思えば獲れたんじゃないの?)、まあ仕方ない。

 ほかにもいろいろ思うことはあったが、もう忘れた。来年は我慢の年になりそうだが、今年のひちょりや賢介のように、若い選手が伸びてくれることを期待して、この1年の締めくくりとしたいと思います。糸井、川島、尾崎、鵜久森、須永、木下、鎌倉、菊地……彼らが期待通りに伸びてくれれば、来年もいい戦いができるだろう。

 それではみなさんもよいお年をお迎えください。ご愛読ありがとうございました。来年も当ブログをどうぞごひいきに。 
posted by Fighters503 at 03:20| Comment(2) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

死ぬ気でがんばれ

日本ハム稲葉が日本人野手トップ額で契約
日本ハムが自由契約の坪井と異例の再契約
ハム再入団の坪井「死に物狂いでやる」

 稲葉と坪井。能力的にも実績的にもそんなに大きな差があるとは思えないけど、現実はこう。故障なく1年働ければ、必ず結果はついてくるはず。来季は紺田、糸井、川島らとレギュラー争い。たぶんサブ的な扱いからスタートとは思うが、意地を見せてほしい。

坪井智哉 9000→解雇→2000(▼7000)

 それからちょっと笑ったのはこのニュース。

赤田 代表の着信音に怒りの涙

 まあ怒りたくなる気持ちはわからなくもないけど、子供じゃあるまいし、泣くなよ、トイレで(笑)
posted by Fighters503 at 13:21| Comment(8) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

契約更改・10

 ごぶさたしておりました。やっぱりシーズン・オフは話題がなくてつまらないね。

日本ハム・ダル“最悪のシナリオ”も…代理人は調停辞さず
日本ハム・ダルビッシュ、決裂で調停も視野
ダル越年確定…2度目交渉も物別れ

 前にも書いた通り、今年の活躍なら8000万ぐらいあげてもいいと思うが、それは球団が判断すること。高卒2年目で大した活躍と思うけど、20勝したわけじゃない。松坂あたりと比べるとまだまだ。過去2年で16勝しかしてない投手なのだ。今季後半は素晴らしかったけど、まだ盤石の信頼がおけるわけでもない。
 もちろんプロなんだから、正当な報酬を求めるのは当然としても、若いうちからあまりもめると、「しっかりしている」というより「金に汚い」というイメージがついちゃうぜ。そろそろ各紙の論調も、ダルに厳しくなりそうな雲行きだしね。マネージメントのエイベックスよ、女性誌への露出もいいが、そこのとこのアドバイスは的確にね。
 八木もどうやら難航している模様。球団がシブチンなのか、選手が意地汚いのか……

 それより気になるのはこの記事。

日本ハム・ダルビッシュは交渉に静観貫く

今オフはいまだ本格的に練習を再開しておらず「疲れがたまっているので、それをとるように過ごしている」と、現在の生活の一端を披露していた。


 つまりアジア・シリーズが終わってから一ヶ月半たっても、まだトレーニングをやってないってこと? いくらなんでも休み過ぎなんじゃないの? もちろんダルの身体のことはダルしかわからないけど、どうも「慢心」といういやーな言葉が浮かんできて仕方ない。プロ野球で大成するかどうかは、若いうちにどれだけ練習するかによるという。ただでさえ練習をやりたがらない(佐藤コーチ談)たちだというだけに、これが来年以降の成績に響いてこなけりゃいいと思うけどね。ファッションに気を遣ってイメージ・アップするのもいいけど、もっとほかにやることがあるんじゃないの?

日本ハム稲葉「納得」の契約更改

 これは文面だけではよくわからないが、前回提示額と同じ金額でサインしたってことかな? まあオトナらしい決着ということで。

(追記)
日本ハム・稲葉、6500万円増の1億4500万円でサイン

 ……ということで。

日本ハム・セギノールも交渉越年が決定的

 こちらは去年と同じ展開。複数年ぐらいいいじゃんと思うが、球団の評価がそこまでってことなんだろう。ズレータに逃げられたソフトバンクが狙ってるって話もあるし、早期決着を希望。これでセギに逃げられたら、来季の打線は完全に崩壊だ。といって契約がもつれこんで調整が遅れ、シーズン前半は絶不調、という今年のパターンも勘弁。

日本ハム・マイケルの交渉難航し越年も

 1億5000万はいくらなんでもふっかけすぎじゃないの? 確かに今年は成績を残したけど、決して全幅の信頼が置けたわけじゃないし、研究されるであろう来年は不安もある。まあうまく落としどころを見つけてほしい。

日本ハムが金村に「ファイトマネー」用意

 こちらは自分の立場がいまだよくわかっていない模様。やっぱトレードに出しておけばよかった、なんて言われないようにね。

日本ハム3巡目・糸数が春季1軍スタート

 八木もそうだったが、最近になって成績がうなぎのぼりというのがいい。八木並とは言わないが、武田勝ぐらい頑張ってくれれば。

日本ハムが前楽天グリン投手強奪に成功!

 言うに事欠いて「強奪」はないだろ「強奪」は。もしかして日本ハム・ファンを挑発してるのか日刊スポーツは?

 それにしても小久保、多村、ガトームソンのソフトバンク、ズレータを狙うロッテ、ラロッカを獲ったオリックスと他球団が着々と補強を進める中、新外人以外、めぼしい補強はグリンだけ。3,6番が抜け大幅な戦力ダウンが予想される打線に至っては、現有戦力の底上げ以外、好材料ゼロの状況。まあ来年は育成の年を割り切っているのかもしれないが、もう少しやる気を見せてほしいなあ。

稲葉篤紀 8000→14000(△6000)14500(△6500)
ダルビッシュ有 3000→7000(保留)

ライアン・グリン 9200(新入団)
糸数敬作 1500(新入団)
posted by Fighters503 at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

よかったよかった

日本ハムが坪井再雇用、移籍先なく名乗り

 このエントリーで「もしかして年俸値切って再雇用?」と書いたら、どうやら本当にそうなりそうな気配。双方にとっていいことなんじゃないでしょうか。坪井がちゃんと持っている力を発揮できれば、これほど心強いことはないんだから。

日本ハムが楽天自由契約のグリン獲得決定

 8000万で雇用できるならリーズナブル。楽天はその程度でも出し渋っているのか…。しかし「強奪」はないだろ、日刊さん。

日本ハム・ヒルマン監督の先輩が入閣

 野村や水上のコーチとしての力量はわからないけど、伸び悩み気味の須永や守備難という陽の指導に力を発揮してくれれば。
 オーウェンさんは「選手起用など試合だけでなく、私生活の悩みまで相談できる良きパートナー」っていうのがおもしろい。ヒルマン始め外人組の精神安定剤役ってことか。
posted by Fighters503 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

契約更改・9

金村5000万円減「ごねない」一転保留

 新聞によって4千万減か5千万減か違うが、下がり幅としては妥当なところ。いや、それ以前にどんな金額だろうが気持ちよくサインするのが男をあげるチャンスだったはずだが……。(結果的に投げるチャンスはなかったとはいえ)ある意味では日本シリーズより大切なプレーオフの戦力にもならなかったんだぜ。そこのとこ、わかってるのかね、この人は。このままごね続けるようなら、トレードに出してしまえばいい。

八木は5000万円を保留 稲葉、金村もサインせず

 ここにきて保留者続出。八木の弁護士は和田の新人時と比較しているが、この年のダイエーの大盤振る舞いぶりは完全に常軌を逸したインフレ状態だっただけに、比較しちゃいけない数字。稲葉はもう少しあげてもいい気がする。へたすりゃ今季のクリーンナップで来季も残るのはこの人だけだからね。ただし新聞によっては6千万アップの14000万提示という報もあり、それなら妥当なところだが……

金村暁 22000→17000(保留)
稲葉篤紀  8000→12000(保留)
八木智哉 1500→5000(保留)

長野、一転ハム拒否!やっぱり2年後に巨人
ハムに断り 日大・長野答え変わらず

 こちらはのるかそるかの賭け。高卒ならともかく、大卒である。またプロ入り可能な2年後には25歳。ケガするかもしれないし、伸び悩むかもしれない。また指名される保証はない。指名されたとしても、今回より上位・好条件ということはまずありえないと思う。それでもいいと腹を括っているなら仕方ないが、もし2年後に讀賣以外の球団から指名されたら、当然拒否するんだよね、長野さん? そうなったら、もう野球選手として大成するのはほぼ無理だ。スポーツ選手というのは旬の時期というものがある。このとき決断しなければダメ、というタイミングがあると思うのだが。
 しかし受け入れ先のホンダも大変だ。最初から腰掛けのつもり。ケガするのを恐れて、無意識のうちに全力プレーできなくなるかもしれない。まして今年のドラフトで、自軍の主砲・金子洋平を指名した日本ハムを拒否した選手である。プロにいきたくてもいけないホンダの選手の、長野を見る目も複雑だろう。
 はたしてハムはこのまましっぽを巻いて引き下がるつもりなのか。私はもうどうでもいいという気になっているが、やるだけのことはやらないとね。今後のドラフトのこともあるし。

(後報)
日本ハム4巡目日大・長野が入団を拒絶


 
鈴木監督が指名当日の発言に誤解があったとして弁明し、この日の会見中に泣きだす一幕も。


 ……。
posted by Fighters503 at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

契約更改・8

金子選手会長、一丸でファン確保を

 プレーではやる気のないやる気のなさそうに見える金子も、さすがに主力が次々と離脱するチーム状況に、選手会長として危機感を感じている様子。よろしくお願いします。アップ分は、そうした活動も評価してのものか。来季以降は若手内野手の突き上げも激しくなるはず。万が一レギュラーを奪われることがあっても、選手の精神的支柱として頑張ってください。

日本ハム森本が「個人スポンサー」を募集

 もう一声あってもいい気がするが、来年への励みにしてもらいましょう。3割打ってチームも成績を残せば大台も見えてくるだろう。

小田、背番号9で再出発

 現状維持かと思ったけど、厳しいなあ。来季はレギュラー獲りの最大のチャンス。このまま代打屋で終わるかどうか、正念場だ。

金子誠 7000→8200(△1200)
森本稀哲 3000→6500(△3500)
小田智之 2400→2100(▼300)

 これで残るは金村、稲葉、八木、マイケルと、保留しているダル、それから未契約のセギノール。セギはズレータと組んで、いろいろ揺さぶりにかかっている様子。決まるのは年が明けてからかもしれない。






posted by Fighters503 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

契約更改・7

日本ハム田中賢が3倍増でサイン

 前回保留したのは何だったのかよくわからないが、もめなかったのは良かった。もう少しあげてもいい気がするが、来年は1年レギュラーで働いて今年以上の成績を残すことで、大台も見えてくるだろう。

ダルビッシュ倍増以上も保留「評価低かった」 越年も辞さず
日本ハム・ダルビッシュが交渉決裂

 チームの看板になってほしい選手だし、期待料込みで8000万ぐらいあげてもいい気がするが、7000万なら、まあいいとこじゃないでしょうか。「ショックだった」というダルの口ぶりからすると、1億円前後を要求しているのかもしれない。プロなんだから正当な報酬を求めるのは当然としても、イメージの問題もあるし、若いうちからあまりもめないほうがいいと思うぞ。

 中嶋は前回提示額から500万上積みされた模様。当然でしょう。

中嶋聡  2300→3500(△1200)
田中賢介 1350→4500(△3150)
ダルビッシュ 3000→7000(保留)

 それから……

 坪井ブログ

 がんばれ。吉報を待ってるぞ。
posted by Fighters503 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(1) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

契約更改・6

日本ハム田中幸、大幅減も来季記録狙う

 今年中に達成できていれば、優勝を花道に引退、という美しい形で終われたんだけど、思いも寄らぬ不振。あと18本っていうのは、今年の数字を考えるとかなり微妙だ。来季は1塁があくし、起用の機会は増えるだろう。問題は来季もまた今年のような調子だったら、どこまで我慢できるかだ。今年のような状態で一軍に居続ける本人も辛いだろうし、はやく達成することを願う。

田中幸雄 6000→2000(▼4000)

 それからこっちはかなり驚いたニュース。

多村と寺原が交換トレード

 あちゃー。うちが新庄の後釜に獲得を検討しているとも噂された多村だったがソフトバンクとはねえ。しかも交換要員は寺原!
 これでズレータ残留したらソフトバンク打線最強じゃないですか。とってもまずいですよハム的には。

 どうみても釣り合わないトレードのような気がするが、プロの目で見て我々が思うほど多村の評価が高くないのか、寺原の評価が高いのか……

 たぶん横浜は多村のケガの多さによほど懲りたんだろう。寺原の将来性に賭けたとも言えるが、かっての大物新人とはいえ、ここ3年で3勝しかしていない完全な伸び悩み投手。横浜ファンは納得しないだろうな。それに比べ、ソフトバンクは補強がうまいし素早い。

 うーん、惜しい。うちも当然交渉はしてただろうけど、なんとか折り合わなかったものかなあ。セギノールが流出したら打線はほんとやばいんだけど。 
posted by Fighters503 at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

契約更改・5

「リリー捕」日本ハム中嶋が怒りの保留
3000万円を中嶋が保留 木元25%減で更改
日本ハム・中嶋、年俸は保留
 
 これはないでしょう。「打席、出場イニングが少ない」って、「抑えのキャッチャー」という特殊な使い方をしたのは球団なんだから。マイケルに対して「お前は登板イニングが少なすぎる」と言って年俸を押さえ込むようなものでしょう。そのマイケルは中嶋のリードが大きかったと認めているのだ。
 それに選手としては現状維持、コーチ兼任で700万増って、つまりコーチ料700万ってこと? そりゃ安すぎ。こういうことやってると、将来指導者になるべきベテランがどんどんチームからいなくなっちゃうぜ。

日本ハム木元が2100万円ダウンも1発更改

 毎年必ずもめる男だが、さすがに今年は抗戦する材料なし。これでもまだ多すぎるって気もするが、来季は最低でも3割15本を。

日本ハム江尻、来季のテーマは「脳トレ」

 意外に下げ幅は小さいですね。しかしもう若くないんだから危機感は持ったほうがいい。来季は後輩がふたりも入ってくるしね。
 「体、球は十分通用するレベルだと思う」っていうのは笑った。つまり足りないのはアタマってことですな。

日本ハム清水複雑、年俸倍増も年収ダウン

 貴重な左の中継ぎ。今年だめだったら解雇だったろうから、まずは良かった。来年はもっと精度をあげて、岡島の穴を埋めてほしい。

希望枠の早大・宮本が日本ハムと仮契約
「困惑」早大・山本が日本ハム入り決断
山本 “強行指名”に決断

 山本は先発タイプとみているのか。とすると、宮本が中継ぎに回って、大学時代とは逆の役割となるかもしれない。同じ大学出身の同期の投手同士が同じ球団に入るって珍しいんじゃないかな。競い合って頑張ってください。

木元邦之  8500→6400(▼2100)
江尻慎太郎 2100→2000(▼100)
清水章夫  800→1600(△800)
中嶋聡   2300→3000(保留)

宮本賢  1500(新入団)
山本一徳 1200(新入団)

 それから気になるニュース。
ソフトバンク、ズレ代役探す
ズレ&ガトー西武両獲りへ

 これ以上西武打線が強力になるのはイヤだなあ。といって、日本ハムが獲る余裕もないだろうけど。
 しかしソフトバンクはなぜズレータの単年契約にこだわるんだろう。今年までズレは2年契約だったというし、今年大きく成績を落としたわけでもない。まだ若いし、2年契約ぐらい認めてやればいいのに。成績が落ちたときや若手が台頭したときにクビを切りやすいようにってことだろうけど、松中が7年、小久保が4年契約なのに、実績や安定度で劣らない自分がなんで単年なんだって思いがズレにはあるはずだ。
 正直言って、小久保の加入は松中の精神的負担を軽くする効果が一番大きくて、小久保の打棒そのものはさほど怖くないと見ている。だからズレが抜ければプラマイゼロではなく、むしろ戦力ダウンになると思う。だから今回のゴタゴタは、ライバル球団のファンとしては歓迎ですけどね。……といって、セギの残留も微妙なんですが。小笠原が抜けセギが抜け残ったのは稲葉だけってことになったら、たちまち12球団最弱打線になってしまう。そりゃ困る!……やっぱズレ獲るか(苦笑
 
posted by Fighters503 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

契約更改・4

日本ハム田中賢が3倍増の4500万円を保留

 もうすこしあげてもいい気がするが、レギュラーに定着したのは5月末以降。年間通してこの成績なら、5000万行っただろう。この人も来年、再来年こそが真の一流選手になれるかどうかの勝負。将来は3番を打たせたい。

日本ハム立石は「家事手伝い」で精神修行

 こっちはちょっと下がりすぎでは。こういうとこ、球団は容赦ないねえ。年齢的に、これから右肩あがりということは考えにくいから、今後はどれだけ衰えを補っていくかがポイントだろう。使い勝手のいい選手だけど、故障も怖い。実績をあげてもあまり給料があがりすぎると、今年の坪井みたいに突然クビを切られる恐れもある。むずかしいところだ。

日本ハム・建山、来季先発転向を志願

 首脳陣がどう受け止めるかによるけど、武田久や押本の台頭で、中継ぎ陣の中でも微妙なポジションになっているから、先発に活路を見いだしたい気持ちはわかる。立石的な、中継ぎ基本で、谷間の先発という感じの起用法になるか。

日本ハム橋本が来季の新球マスターに意欲

 この人はまず一年通して一軍定着を目指してほしい。キャラも面白いやつのようで、来年はヒーローインタビューをもっと見たい。

セギノール退団も 保留選手名簿外れる

 これはいけませんねえ。絶対手放しちゃならん。不動のクリーンアップのうち2人が退団なんてことになったら、もうチームの体をなさなくなる。3億ぐらい出してやれよ。そうでなかったら2年で5億。絶対引き留めろ。今年後半の鬼神のごとき活躍ぶりがなかったら、ハムのAクラス入りでさえどうだか怪しかったんだから。個人的にも大好きな選手。残ってくれ〜

日本ハムがメジャー3勝本格派右腕獲得へ

 外人は来てみないとわからないけど、コントロールのいいピッチャーだといいなあ。グリンも楽天と決裂なら獲る価値はある。日本ハムなら10勝ぐらいは見込めるかも。でも本当は外人2人で枠を埋めるんじゃなく、須永とか木下とか鎌倉とか菊地とか糸数とか、そういう若手たちに成長してほしいと切に願う。
 そういえばラニューの白人投手(名前ど忘れ)を狙ってるって話はどうなったんだ?

森本が背番号1に変更 新庄の後継者に

 これで名実共にチームの中心選手に。今年はさらなる飛躍を願いたい。3割30本30盗塁ぐらい目指してほしい。

建山義紀 6000→6000(0)
立石尚行 5550→4300(▼1250)
橋本義隆 1500→1800(△300)
田中賢介 1350→4500(保留)


岡島、レッドソックスへ

 今年1年、よく頑張ってくれた。いい想い出をありがとう。たった1年だったけど、君のことは忘れないよ。日本シリーズでの福留2試合連続3球三振には本当にしびれた。新天地でもがんばれ。

posted by Fighters503 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(1) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。