2010年03月07日

中田について

 昨日今日とヤクルト戦を見ましたが、今年はまたデイフェンスにおんぶにだっこの戦いになりそうな気がします。オープン戦なので勝つためのサインプレーをほとんどやっていないこともありますが、繋がらないことおびただしい。スレッジがいないことも、最初からわかっていたこととはいえ、打線の迫力不足に拍車をかけています。

 期待の中田は、一応オープン戦打率4割前後をキープしてますが、打点もホームランもなく、二線級の投手から帳尻合わせ的に打っているだけで、いまいち煮え切らない。今日なんて由規の前に手も足も出ず2三振。由規も中田には絶対打たれたくないという敵愾心がムキダシで、ほかの打者の5割り増しぐらいの強いタマを放ってました。残念ながら現時点ではずいぶん差があるとしか言えません。たぶん一発でもホームランが出ればがらりと変わるのではないかと思いますが、現状ではとてもスレッジの穴を埋めたとは言えないですね。

 ダルに言われ、監督に言われ、コーチにも言われ、いろんな人からいろんなことを言われて、混乱してるんじゃないでしょうか。打席の様子を見ても、どうも落ち着きがなく気弱げで、迷いが感じられてなりません。球団も監督も今年はよほどのことがない限り中田を一軍で育てる気だと思いますが、もう少しプレッシャーのかからない形でやらせてあげたいものです。
posted by Fighters503 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143004222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。