2010年03月02日

いよいよ3月

 いよいよ開幕まで3週間を切りました。キャンプも終わり、オープン戦に突入です。あしたからは札幌ドームで2連戦。ワクワクしますね。

 さて現在のチーム状況はというと、森本は相変わらず腰痛でまともな練習もできていない様子。ここから巻き返しても、開幕一軍は厳しいでしょう。菊池は骨折明けで2軍で調整中。糸数もヒジの調子が思わしくないらしい。大塚はピッチングを再開したのかな? 多田野、吉川もファームに行ったみたいですが、これは故障ではなく現在の調子を見てのものでしょうか。先発調整の機会を与えるためか。

 いっぽう、左翼手争いはいっそう激しくなっています。守備は村田>陽>中田、走塁も村田>陽>中田、打撃は公平にみて横一線。やはり期待が大きいのは中田ですが、守備走塁の弱さを補うには打ちまくるしかない。オープン戦2試合ではよく打っていますが、単打が多く彼の最大の売りであるはずの長打という点では物足りない。構えを小さくして確実性を求めているのは、なんとか結果を出したいという気持ちのあらわれでしょうが、それでバッティングまで小さくなってしまっては意味がない。そこらへんを首脳陣がどう判断するかですが、単に現時点での実力だけ見れば、レフトスタメンは厳しいというのが私の見立てです。

 開幕戦の相手先発はよほどのことがない限り左の杉内でしょうから、村田ではなく陽が開幕スタメンと見るのが妥当でしょうか。しかし首脳陣は、ダルビッシュが投げる試合は守備重視でいく方針を固めたようです。陽は先日のオープン戦でもまずい守備をやらかしたように、全幅の信頼を置くにはまだ不安があります。なので、あえて右左を無視して村田スタメンという可能性も、なくはない。その後は右・左での使い分けで村田と陽が交互出場(去年序盤の糸井と森本みたいな感じ)という感じでしょうか。また陽は身体能力に頼るタイプのように見えるので、細かいプレーができるかどうか。現在チームは2番打者をどうするか試行錯誤してますが、サインプレーなど細かい野球が求められる2番は、村田のほうが適任でしょう。選択肢は多くあります。梨田監督が悩んでしまうような激しい高レベルの争いを期待しましょう。

 しかし中田には、ほかの選手にはない華がある。打席に立ったときの期待感やワクワク感、そして選手として完成したときのスケールも桁外れのはず。多少の欠点や不安はあっても、やはり使ってみたい選手であることには違いないですね。過去2年間、中田の一軍出場が少なかったのは、今年新人王を狙わせるという球団の意図もあったはずです。なので高卒3年目でもDH出場があるかもしれません(一塁手としての出場はないと梨田監督は断言していた)。

 先日のエントリーで内野の層が薄いと指摘しましたが、新人・加藤政が健闘、それに刺激されるように高口が攻守走に見違えるように成長し、飯山までもが打撃好調。ケガがちな金子や二岡にフル出場は望めない今、彼らが金子と遜色ないレベルまで進化してくれたら、これは非常に心強い。賢介や小谷野らのバックアップとしても、今後彼らがいかに成長してくれるかが重要になってきます。いっそうの精進を期待しましょう。

 捕手争いはツル、大野、今成がしのぎを削っている状況。経験がものをいうポジションなので、シーズンに入ればツルが使われる機会が多くなるはずです。とはいえ梨田は自分の手で大野を育てたいでしょうから、ツルには正念場です。個人的には今成にもっとチャンスを与えてやってほしい。

 ほかのレギュラー選手はおおむね順調のようですが、実質2年目の糸井が、今年はかなり厳しい攻めにあいそう。すでにオープン戦でも兆候が出てますが、徹底的に内角をつかれ、最後は外角に変化球を落とされ手が出ず見逃し三振、という場面が増えそう。台頭してきた選手が誰もが通る道ですが、なんとか乗り越えてほしいもの。

 一方の先発投手ですが、武田勝に若干の不安があります。年々防御率が低下しているのは打者に慣れられた証拠で、タマに力があるわけではなく打者との駆け引きでかわすタイプとしては、かなり危うい。彼の先発が機能しなくなる可能性もあり、糸数が前述のような状態で、そうすると外人ふたりが大きな役割を果たすことになりそう。もちろん吉川あたりがローテに定着してくれたらこれほどありがたいことはないですが、高卒2年目の土屋の評判がうなぎ登りで、こっちにも注目です。涌井や成瀬がそうであるように、横浜高出の投手はプロに入って大きく伸びるので、期待は大きいですね。

 リリーフ陣は菊池が出遅れてはいるものの、特に心配はないと考えます。欲を言えば20代前半の若い投手が出てきてほしいのは先発と同じ。

 さて、これからオープン戦が本格化して、戦力の見極めがなされていくわけですが、開幕まで間がないぶん実戦が少ない。実績のない選手はチャンスに一発回答するぐらいの覚悟で行ってもらいたいものです。いずれにしろ楽しみですね!
posted by Fighters503 at 17:34| Comment(1) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今成はバッティングがかなりいいのでもし大野がレギュラーになった場合野手転向もありかと思います。

中継ぎ・抑えは故障者が何人か出ても補えるぐらいの陣容ですが問題は先発ですね。外国人投手が機能しなかった場合や八木が離脱するとかなり苦しくなります。
Posted by リオネル at 2010年03月02日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142577215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。