2009年09月10日

今季最悪の試合

 西武 5X-4 日本ハム

 インフルエンザ渦からなんとか抜けだたものの、いまひとつ波に乗りきれないうちにソフトバンクがすさまじい勢いで勝ち星をかさね、3連敗、2.5差まで追い詰められて迎えたこの日の試合。今季初先発の吉川が頑張ったものの、救援陣が打たれて負け。先日のサヨナラ負けに続き。建山がまたも踏ん張れませんでした。だがはっきり言ってしまえば、これは使ったほうが悪い。ここのところ建山は肝心要の場面で失点を許すケースが多く、とてもセットアッパーを任せられない状態でした。

 しかも使い方も悪い。ここのところチャンスでまったく繋がらず、先発の足を引っ張りまくっていた打撃陣が奮起して同点、逆転したまではいいが、その直後なぜか吉川が交代。それまで吉川はおかわりの一発に抑える素晴らしい好投。さしもの西武打線も打ちあぐんでいる状態で、交代してくれて助かったと思ったんじゃないでしょうか。つまり梨田さんは吉川を信用していなかったということ。今季初先発だから仕方ないとも言えますが、梨田さんが信用していなかったのは吉川だけではなかったのが、直後に判明します。

 まず7回裏、菊地が先頭を打ち取り、2人目にヒットを打たれた時点でいきなり宮西に交代。2点差あるのに余裕がなさすぎです。しかも宮西が先頭に四球を出し、次の佐藤に0−2となったところで慌てて吉井コーチがマウンドへ。宮西の気持ちを落ち着かせるつもりで行ったんでしょうが、梨田さんは我慢しきれなかったようで、いきなり建山をリリーフに。もうこのへんのドタバタぶりは失笑ものでした。去年の西武打線のイメージがあるのか、3連敗だけはできないと思ったのか、怖くて怖くてびびりまくって地に足がついてないのがミエミエです。今年1年のマウンドを任せてきた中継ぎ陣が、そこまで信用できないのか。いや、もう怖くて怖くて、宮西以外の投手なら誰でもいい、ぐらいのパニック状態だったんでしょう。一死一二塁でカウント0−2であとを託されてしまった建山は、さぞややりづらかったと思います。ただでさえプレッシャーのかかる場面なのに、前の投手があんな形で代えられてしまった。絶対失敗できないとガチガチになってしまったのではないか。案の定、佐藤には結局ヒットを許し、次の打者にあっさり犠牲フライを打ち上げられ、1点差に。その後なんとか抑えたものの、次の回が上位打線であることを考えれば、回またぎは危険だというのは、シロウトでもわかる。

 ふつうならここで交代ですが、7回だけで3人もの勝ちパターン投手を注ぎ込んでしまったため、投手がいない。いや、金森も谷元もいますが、宮西や菊地でさえ信用してない監督が、そんな若手に託せるはずがない。なので仕方なく建山続投となりますが、ただでさえ調子の悪いうえに前の回でアドレナリンを放出してしまった建山に余力はなく、中島以下の中軸にあっさり三連打を打たれ、逆転を許します(外野のまずいプレーもありましたが)。その後、ようやく谷元が出てきて、四球を許したものの後続を断ちますが、時すでに遅し。試合の流れは完全に西武にいっていて、今の打線にそれを跳ね返すチカラはありませんでした。

 何度も言いますが、もちろん打たれたのは建山の責任です。ベテランらしからぬふがいない投球。だがその足を引っ張ったのは、間違いなく梨田継投です。梨田さんのビビリが選手に伝染してしまったのです。そうなってしまえば、去年までの力関係に逆戻り。ヘビににらまれたカエルのごとく、西武打線のエジキになってしまう。今の建山を万全のセットアッパーと見誤る見る目のなさも露呈してしまいました。

 結局人間の器とか能力は、調子のいいときではなく窮地にたったときに真価を問われるということでしょう。もともと細かい継投や戦術は苦手で、攻めにまわったときはよくても、競り合いになったり受け身になったときに、とことん弱いのが梨田采配でしたが、こういう大事な時に出てしまいましたね。チームが好調だった時期は大きな問題も出づらく、だいぶ采配もマシになってきたなと思ってましたが、やはり三つ子の魂百までということです。

 梨田さんの来季続投、しかも2年契約が決まってから、いきなりチームが失速してるのはただの偶然なんでしょうか。いや、もちろん偶然なんでしょうが、この日のドタバタぶりを見ていると、今季はもちろん、来季以降のチームに、とんでもなく大きな不安が押し寄せてきたのは私だけでしょうか。

 なんとかソフトバンクがおつきあいしてくれたおかげで2.5差のまま、マジック消滅を免れましたが、次はソフトバンクに連勝して波にのるロッテ。ここがふんばりどころ……とは前にも書きましたが、なんだかいやな予感がします。3戦目にはダルが復帰するらしいですが、ヘンなプレッシャーを与えないよう、せめてそれまでに連敗は止めてほしいものです。

 稲葉に当たりが戻り、吉川が十分使える見通しがたったのは収穫。2犠飛をきっちり打ち上げたスレッジも好調を持続しています。しかし糸井と金子の状態は最悪です。どこかできっかけが欲しいところですが……
posted by Fighters503 at 22:25| Comment(1) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日の吉川かなり良かったです。やはりあのカーブと速球のコンビネーションは魅力です。

7回で交代させたのは仕方ないような気がしますがあの回はせめて点取られるまで菊池でいくべきでした。建山投入の時点で8回の結果は想像つきました。

Posted by リオネル at 2009年09月11日 13:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127757703

この記事へのトラックバック

9/10、【L-F】<18> 投手リレーの失敗に紺田選手の転倒・・・ 終盤に逆転を喫し、最多の西武に3タテを喰らう・・・
Excerpt: 昨日までで3連敗を喫し、いまだマジック消滅の危機を抱えたまま迎える埼玉西武3連戦の3戦目。 今日の試合の先発は、日本ハムが今季初登板初先発となる吉川投手。埼玉西武は西口投手。       ..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2009-09-11 02:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。