2009年03月30日

オープン戦終了

 ダルと稲葉も無事帰ってきて、オープン戦も終了。いよいよ今週末は開幕だ。オープン戦最後の2試合は、ロースコアの接戦という、いかにもウチらしい戦い方で、打線強化の成果は見られず。今年も豪快に打ち勝つなんて試合展開は望めそうにない。となると監督采配が占める割合は大きそうだが、はたしてどうか。評論家の予想では軒並みBクラスだが、これはいつものこと。ロクにキャンプも見てない連中に何がわかる。ここのところずっと評論家予想の上を行ってるので、これはいい兆候と思うことにする。

 私がキャンプ前に予想した開幕一軍の顔ぶれは以下の通り。→は、実際に登録されそうな選手。

(投手)
ダル
スウィーニー
多田野
藤井
武田勝
八木→榊原?
ダース→谷元?
坂元
林→須永?
建山
武田久
宮西
→菊地?

(捕手)
信二
鶴岡
大野

(内野手)
賢介
金子誠
小谷野(外野兼任)
二岡
中田→ヒメネス
スレッジ(外野兼任)
ボッツ→稲田?



(外野手)
稲葉
森本
糸井
村田→坪井?
紺田

 菊地を入れると29人になってしまう。開幕当初は先発は5人で回すだろうから、榊原(八木)の代わりに菊地か。

 二岡は結局オープン戦で一回も守らなかった。打つ方では昨日フェンス直撃のタイムリーを打ったけど、足の状態を考慮して2塁は自重。もちろん本番でそんな調子じゃ困るわけで、週末までに全力疾走できるように調整できるのか。どうやらおっかなびっくりの起用になりそう。

 ショートは陽もオープン戦通じて好調だったし、今後のことを考えたら絶対陽をスタメンで使ったほうがいいが、今年が2年契約の2年目の梨田監督は、間違いなく安全策で金子を使うだろう。でも金子はもう力量がわかっている選手。陽の伸びしろに期待したいところだ。陽がアタマで出て、金子は守備要員と、ここぞというところの代打の切り札。絶対そっちのほうがいいと思うが。

 森本と糸井は、結局オープン戦では両方とも突き抜けた結果を出せず。打率も低位での競り合いで、決め手がない。長打力の糸井か、実績の森本か。私は当然、糸井を使ってほしいと思うが、実際は左右での使い分けかな。となると岩隈→田中とくるであろう開幕2連戦は糸井濃厚か。糸井のオープン戦での起用法を見ていると、明らかに糸井を不動のレギュラーに育てたいという首脳陣の意志を感じる。われわれシロウトにはわからない、数字だけでは計り知れない成長を首脳陣が感じているならいいのだが……なんとなく、ですが、ヤクルトにいった川島には負けて欲しくない。

 スレッジはオープン戦が好調すぎて、開幕までに一度調子を落としてまたあげる必要が……などとここに書いたが、結局好調なままシーズンを迎えることになった。こうなったら信じるしかないでしょう。ヒメネスはキャンプでの評判の良さがオープン戦ではイマイチ発揮されなかった感じ。開幕は策士ノムさんの楽天だから、そこで徹底的に弱点を突かれるだろう。はたしてどう対処するか。ボッツがオープン戦の結果を見る限り去年からあまり進歩してないので、ヒメの出来がうちの成否を分けそう。

 大野はたいへん素晴らしい。いきなりレギュラーとはいかないだろうが、ただベンチに置いておくだけでなく、できるだけ試合に出すようにしてほしい。特にはやい段階でダルとの組み合わせを試してほしいな。大野がレギュラー、ツルが控えで、信二は一塁専念というのが理想。信二は今年打撃好調のようで、できるだけ出場機会を与えてほしい。でも外人二人態勢で二岡も当面DHでの起用となると、出る場所が……信二のFAっていつでしたっけ? なんか不安が……

 投手はまずまず順調と言っていいんじゃないか。特にオープン戦では中継ぎ以下の安定感が際だっていた。抑えの久には若干の不安を感じなくもないが、やはり彼しかいないでしょう。榊原は鎌ヶ谷で調整しながら、上での先発機会をうかがう形かな。八木や吉川はここのところいいピッチングをしているし、上の誰かと入れ替わってもおかしくない。いずれチャンスは絶対くるので、くさらず調整を。須永はどうやらロングリリーフ要員になりそうだが、ぜひ先発で使ってほしい。

 結局中田は、去年と同じようにオープン戦途中で極度の打撃不振に陥り二軍落ちしてしまった。まだ鎌ヶ谷でも調子はあがってないみたいだし、時間がかかりそう。結局一塁を守らせることになって、キャンプ中の三塁守備特訓はなんだったんだ、という感じだが、どうも球団自体がこういう打つだけのスラッガー・タイプを大きく育てるやり方を心得てない感じだ。たぶん今年中には一度は一軍にあがると思うが、一度あげたら我慢して使い続けてほしい。しかし今年結果を出さないと首筋が寒い監督は、冒険はしないだろうな。

開幕スタメンはこんな感じだろうか

二 賢介
三 小谷野
右 稲葉
左 スレッジ
指 二岡
一 ヒメネス
中 糸井(森本)
補 鶴岡
遊 金子

 小谷野は6、7番、場合によっては5番においてクラッチヒッターぶりを発揮してもらうというやり方が常道だが、糸井の一番適正にいまいち疑問があるので賢介を一番に、あいた2番に小谷野を置く。小谷野はここのところ試合で2番適正をためされている。首脳陣がどう判断するかはわからないが、案外器用でなんでもやる選手なので、ハマるかも。いや、もちろん糸井に一番がつとまれば、一番いいんですけどね。もちろん、もし糸井ではなく森本がスタメンなら、1番森本2番賢介になる。ほんとは森本も一番適正?なのだが。
 
 今年中に実現してほしいスタメン

中 糸井
遊 陽
二 賢介
左 スレッジ
右 稲葉
D 二岡(ヒメネス)
三 小谷野
一 中田
補 大野


posted by Fighters503 at 14:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今朝大島さんのペナント予想で
ファイターズは6位になっていて
とても心配になりました。
うしろがどうなるか、のように
言っていたと思います。
大島さんはファイターズには
愛情を持っていてくれるのでは、
と勝手に思っていたので、
がんばりなさいよ、という意味でしょうか?
Posted by ちた at 2009年03月31日 08:02
> どうも球団自体がこういう打つだけのスラッガー・タイプを大きく育てるやり方を心得てない感じだ。

そうなんですよ!その通りなんですよね。
中田も陽も洋平も2軍レベルは脱していて、あとは一線級の投手との対戦経験だけだと思います。ってことは去年のオカワリ中村のように、とにかく試合に出し続ければモノになるはずなんですが…。僕は陽のファンなので、今年こそレギュラーを奪ってほしいのですが。
Posted by ジェイ at 2009年04月05日 17:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。