2009年02月28日

キャンプ終了

 晴天に恵まれたという今年のキャンプ。大きなけが人もなく無事終わったのはなにより。あとはWBC組も含め順調に調整して、開幕時に全員がベストの状態でいてほしいものです。

 さて、キャンプ中は欠かさず見ていたGAORAの番組。外人組を除いて主力選手は全員、コーチや監督、GMや、はてはオーナーまでインタビューに登場するとはびっくりです(同時にやっていたタイガースに比べると、その協力的なこと!)。GAORAには確かファイターズの資本も入っていたし、ファイターズの情報番組で全国ネットはこれだけだからこれぐらいのサービスは当然かもしれませんが、去年まではオーナーやGMなんて全然出てこなかったですから、この番組の価値を球団も認めるようになったということでしょう。光山氏もさすが「ハム番」として、相手がオーナーだろうが、聞きにくい質問を遠慮なく訊いてましたね(ダルのポスティングの話とか)。

 さて、私がずっと気になっていたのは、連日の晴天、そしてダル稲葉のWBC組に引っ張られて全員の仕上がりが早いのはいいにしても、オーバーペースになってバランスを崩さないかということでした。案の定、昨日の賢介のインタビューでは、仕上がりを早くしすぎてシーズン終盤にばててしまうことへの懸念、そして今日の監督インタビューでは、早く仕上がりすぎて開幕時にベストに持っていけるかどうかという懸念を、それぞれ表明していました。そこらへんはこれからの調整にかかっていますね。なんとかうまくのりきってほしいものです。

 賢介はインタビューを聞くと、実に生真面目(マジメすぎるぐらい)、そして実は小笠原あたりに近い頑固なマイペースの求道者タイプなんですね。去年自分の打順が一定しなかったことに関して「1番2番3番とコロコロ変えられて……」という、けっこうトゲのある言い方をしててびっくりしたんですが、どうやらそこらへんの采配には不満があった様子。監督も就任一年目で気は遣ってたはずですが、賢介は一見穏和そうなんで、便利に使ってしまったということでしょうか。2年目になって、監督がそこらへんのことをちゃんと気づいてるかどうか。「どんな使い方をされても動じない精神力を作る」みたいことも言ってましたが、ちょっと気になりました。

 さて監督インタビューのトピックは、やはり開幕スタメン構想。まとめてみると(太字が現時点での最有力候補)

補 鶴岡
一 ヒメネス
二 賢介
三 小谷野
遊 足の具合が順調なら二岡。二岡の足がダメとなると陽。
右 稲葉
中 森本と糸井の争い
左 スレッジ
DH 中田? ボッツ? 足の具合次第では二岡

 鶴岡は当然、開幕投手がダルだから。ほかの投手でどうするかは明言していませんでした。ヒメは守備が予想よりもはるかに巧いとのこと。三塁も「小谷野で間違いない」と断言。中田は現時点ではDHに回るしか出場機会はなさそう。そのDHもボッツや、足が全治しなかったときの二岡と争うことになりそうで、ラクではないですね。しかし多くのファンの要望としては、中田の特大の一発を一刻も早く札幌ドームで見たいというものでしょうし(私もそう)、開幕DHスタメンの可能性はかなり高いと見ます。

 中堅が、現時点では選手としての格も経験も実績も全然違うはずの森本と糸井の争いと言い切ったのも驚きました。現時点では守備では森本>>糸井、走塁は同格かやや糸井が上、打撃はわずかに森本>糸井かなと思っていましたが、どうやら監督は予想以上に糸井に高い評価を与えているようです。糸井ファンとしては嬉しい限りですが、これから一ヶ月あまり、年齢も身長も体型も選手としてのタイプも近いこのふたりのしのぎを削る争いはけだし見物ですね。この争いが、どちらかの故障で決着が着くことのないよう祈りましょう。あと、スレッジがレフトといっても、それで1年押し通せるとも思えない。去年は二岡同様ふくらはぎの故障で離脱したことがあるわけで、外野の布陣はしばらく流動的でしょう。

 そして投手陣。

先発は
ダルスイーニ−武田勝藤井は決定 残りは榊原? 多田野? 須永?

抑えは
武田久か林、榊原?

セットアッパーは
建山、宮西、谷元

中継ぎは
坂元、金森、ウイング、ダース、菊地など

 ただしこのあたりはかなり流動的なよう。私としては藤井あたりを「決定」として特権を与えてしまうのは大いに疑問。実績があるとは言ってもそれはすべてヤクルト時代のもので、ウチに来てからはわずか3勝しかあげていないわけで、いまのところはなはだ期待外れもいいとこ。それなら八木だって同じようなものです。こないだの阪神、ロッテ相手の練習試合を見ても不安が一杯。今すぐ鎌ヶ谷に落とせとは言いませんが、同じ左腕で虎視眈々とローテを狙っている八木、吉川、須永と競わせるべき。お墨付きをもらってマイペース調整ができるような立場ではないことを、自覚させるべきではないでしょうか。

 そして問題の抑え。実力や実績からすると久、で、あとは林、場合によっては新人・榊原というのが監督の考えのようです。しかし9回頭から出てくる抑えよりのほうが、7回2死満塁、というような厳しい場面で出てくるセットアッパーよりラク、ということもあるらしく、そここそを久に投げてもらいたい、という思いも、吉井コーチあたりにはありそう。難しいところですね。私は久はセットアッパー、抑えは(首の具合が全治すれば)林あたりがいいのではないかと考えます。榊原抑え構想は、「新人でいきなり抑えやった投手で(選手寿命的に)長続きした選手はいない」という吉井コーチの言葉が気になります。できれば先発に回ってもらいたいですね。

 しかしいずれにしろまだ開幕までは一ヶ月以上あります。いま絶好調の選手が開幕時までそのままの状態でいることはまずありえないし、調子が悪い選手も同様です。これからオープン戦を繰り返し、次第に戦力も整っていくでしょう。東京地区のオープン戦は17日のオリックス戦が最初。万難を排して乗り込み、新生ファイターズをこの目で見極めたいです。 
posted by Fighters503 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。