2008年10月21日

いきなりの剣が峰

西武 9X-4 日本ハム

 海外出張から帰国、おとなしく自宅でTV観戦のつもりだったが、いてもたってもいられず西武ドームへ。私の西武ドーム観戦勝率は非常に悪いのだが、やはり行くべきではなかったか。底冷えのするガラガラの西武ドーム。帰りの西武線の寂しかったこと……

 やはり一勝のアドバンテージは大きい。ダルが出てくる6戦目までに決着をつけなきゃいけない焦りがあるから西武不利、なんて白井さんは言ってたけど、現実に今日負けて土俵際まで追い込まれてしまった。どうみたってうちのほうが苦しい。グリンに託すしかないが、どうも今日の戦いぶりを見ていると不安が残る。グリンにじゃない。ベンチにだ。

 なぜあそこまでスウィーニーを引っ張るのかな? 第一戦のグリンは序盤だけで自責点10、スウィーニーは7。第一戦は海外にいたのでまだ見てないからなんとも言えないが、短期決戦も短期決戦、特に今日など、長引いてもあと3試合しかないのに、なんで7点もとられるまで引っ張るんだろう。坂元は一回からスタンバイしてたし、2回からでも3回からでもいけたはず。藤井も途中で肩を作ってたし、コマはいっぱいいたはずだ。早めにスイッチして試合を立て直してれば、まだわからなかった。中継ぎ陣の負担といったって、昨日は休みだし残りは多くて3試合。出し惜しみなんて考える段階じゃない。現在好調の強力打線なら多少のビハインドならなんとかなるとたかをくくっていたのかもしれないが、初回の4点だけならまだしも、その後の細川の2ランまで出て0−7じゃどうしようもない。監督談話では「細川の2ランが痛かった」なんてノンキに言ってるが、どう考えても追加の3点はスウィーニーを諦めきれず、ずるずると続投させたベンチの責任だ。まだ現役引退して間もない吉井が先発に必要以上に肩入れしてしまうのは仕方ないかもしれないが、梨田の場合、ただ単に気が弱く優柔不断なだけだろう。ダメだとわかったらさっさと代える決断力や非情さが、指揮官として決定的に欠けている。特に打ち込まれた投手に未練を持ちすぎだ。

 これが長いレギュラーシーズンの最初のほうの試合ならわかる。たとえ試合は落としても、なんとか立ち直ってもらって次回登板へのきっかけにしてほしいし、試合を壊した責任をとらせるという意味も、無駄に中継ぎを使わないという意味もある。だが何度も言うが、あと長くても3試合しかないのだ。この土壇場にのんびり捨て試合など作っている余裕など、どこにもないのである。

 いずれにしろ今日の大敗で昨日までのいい流れは完全に変わったと見ていいだろう。西武打線は大振りをせずタマに逆らわない逆方向への軽打に徹していた。1日のブレイクで、ちゃんと修正してきている。強打が売り物の打線がこういう意識でこられると手強い。それに比べうちのヘボ打線は立ち上がりアップアップの石井一に対して45番が2連続見送り三振ですよ。あしたも都合で試合は見られないが、涌井から大量点は望めないから、グリンの意地に期待するしかない。あしたこそ投手は出し惜しみしないでな、梨田さん!
posted by Fighters503 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108422837

この記事へのトラックバック

日ハム今日はダメダメじゃん!やばいぞぉ〜〜
Excerpt: 尻に火がつきました! やばい、王手をかけられました! 今日はまた序盤でごっそり点取られましたね。 初回からです。やる気も何も吹っ飛びますね! 今日は仕事で見れなかったのですが、ネットで調べるとなんとま..
Weblog: おやきはクリーム(野球は日ハム&競馬は穴馬!)
Tracked: 2008-10-22 00:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。