2008年06月22日

またも采配ミス

阪神 5X-3 日本ハム

 梨田さんよ、なんであそこで星野を出すわけ? どう考えても荷が重いでしょう。なぜここのところ好調の坂元じゃないのか。あしたからしばらく試合がないことを考えれば、1点ビハインドでも絶対諦めないというファイティング・ポーズを示すためにも、武田久が一番適任かもしれない。私自身はどうでもいいと思っているが、あなたは交流戦優勝にこだわっているんでしょう。いつもより大事な試合だったんでしょう。ふだんのリーグ戦、連戦が続く中なら、無理使いを避け星野という選択肢も、確かにあるだろう。しかし、もしどうしても勝ちたいなら、星野という選択肢だけは絶対にない。そして案の定あっさり先頭の新井に長打を浴び、たったひとりに投げただけで降板。後続はノーヒットに抑えたものの致命的な追加点を許し、せっかくの追い上げムードもフイに。最後は坂元が出てきたけど、だったらなんで最初から出さないわけ? 

 もちろんこの継投ミスだけが敗因とは言わない。一番の敗因は金本に何の策もなくあっさり二打席連続被弾したバッテリーだ。一本なら仕方ない。相手は球界を代表する強打者だ。しかし二打席連続で、しかも同点に追いついた直後の無死一塁、一番長打を警戒しなきゃいけない大事な場面で打たれるのは、相手の力が上だったにしろ、バッテリーの不注意以外のなにものでもない。ツルとグリンの意思疎通がうまくいってないのか。グリンはちょっと立ち直りの兆しがないね。クールダウンのため下で再調整させたほうがいい気がするが、代わりに上げるのが誰もいないんだよね。

 梨田さん、監督として優勝経験はあるけど、大味なとったりとられたりのいてまえ野球しかやったことがなく、こういうロースコアの接戦をいかに無駄なくリスクを少なくして競り勝つかという経験値が絶対的に不足している気がする。やはり良くも悪くも近鉄出身ですね。もちろんケガ人続出の中のやりくりはよくやってると思うけど、緊迫した場面になるほど舞い上がって判断ミスをする傾向がある。選手をノビノビ動かすことには長けていても、監督の戦術・采配が左右する短期決戦は苦手なタイプでしょうね(近鉄監督時代も日本シリーズでは惨敗)。このままではクライマックス・シリーズには出られても、勝ち抜くのはむずかしいだろうな。
posted by Fighters503 at 21:06| Comment(8) | TrackBack(3) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

いつも鋭いご発言。楽しみに見せてもらっています。
今日はあまりの口惜しさにコメントさせていただきます。

まったくもっておっしゃる通り!
ほんと梨田さん、勘弁してくれでした。
Posted by namida at 2008年06月22日 21:43
あそこは武田久は以外考えられないと思っていましたが…。ウィリアムスを打って追い上げた中、しかもそれまで宮西→建山とつないできたのに…。ラジオに向かってえぇっ!と叫びましたよ。

個人的にはこれだけケガ人が出て、交流戦は五分で十分だと思っていたのですが、せっかく優勝マジック1(?)までこぎつけて、しかも日程に余裕があるのなら、やることはやって欲しかったです。
Posted by ジェイ at 2008年06月22日 22:14
一言でいえば勝つ気があるの?
って感じでしたね。
なにかがチグハグで。
後半戦こそ采配で負けることのないように願いたいです。
Posted by cheezu at 2008年06月22日 22:51
こんばんは。いつも楽しく読ませていただいております。

私も皆さんと同じ気持ちです。
本当に勝つ気があったのか? と監督本人にお聞きしたいですね。

ダルを中継ぎで使うかも、と言っていたのは結局なんだったんでしょうか?
これは個人的な意見ですが、私は、本当はダルを使う気はなくても今日はベンチに入れてほしかったです。
「ダルが途中で出てくるかも」と思わせるだけで、相手に随分プレッシャーを与えられると思うんですよね。

なんだかまとまりのない文章ですみません。
今後の闘いが不安です……
乱文失礼いたしました。
Posted by S at 2008年06月22日 23:44
うわ、びっくりした! 書いた直後からこんなにたくさんコメントが入ったのは初めてです(笑)。 みなさん、よほど腹に据えかねたんでしょうね。

>>namidaさん

はじめまして。書き込みありがとうございます。ブログにお書きになっていた「ああいう場面ではほぼ絶対的に格の勝負になる」というのは、ほんとにその通りだと思います。公式サイトの監督コメントにも、広報レポートにも、継投のことは一切触れてませんね。さすがに広報さんも、あの継投はマズイと思ったのでは? そのことについて質問した記者はいなかったんでしょうか? この件についてどこかの新聞が書いてくれるのを期待します。

>>ジェイさん

 今年、久は負けている場面で登板したことはありましたっけ? もしないんであれば、ビハインドでは使わないと梨田さんは決めているのかもしれません。それはそれでひとつの見識ではありますが、ちょっとかたくなですよね。あるいは延長戦を考えて温存、とか。でも同点に追いつかなきゃ延長戦のことなんて考えても無意味ですしね。いずれにしろあそこで星野はないですわ。

>>cheezuさん

 梨田さんはDHがない試合だと、どうも冷静さを失うきらいがありますね。選手としても監督としても、DHのない試合を経験してないので、継投に関してやたらせっかちになったり、逆に後手に回ったり。勝ちたくないと思ってるわけじゃないでしょうけど、ファンなら100%「それはない!」と叫んだはずの場面。梨田さんだけが気づいてなかったんでしょうか。

>>S さん

初めまして、でしょうか? 書き込みありがとうございます。
私は数日前のエントリーに書いた通り、ダルを使うことには反対でした。でもそう決めたならそれでもいい。でも最終的にそうはならなかった。ダルがベンチに入らなかったのは、どっちが言い出したんですかね。それとも最初から合意なんてしてなかったのに、監督が勝手に言い出したとか? 
 いずれにしろ入れないと決めたなら、ベンチに入ったメンバーを総動員して、最善の策で勝ちにいってほしかったですね。もし万が一延長になって最後出す投手がいなくなって星野になって負けても、そっちのほうがまだ納得できました。
Posted by Fighters503 at 2008年06月23日 00:40
「ビハインドでは使わない」

なるほど!納得です。そういう方針なのかも知れませんね。

延長戦を見越してた可能性も考えましたが、それならマイケルを温存すればよいかなと感じます。やはり個人的には坂元か武田久だなぁと思いますが。

でもサイドに転向した歌藤は良さげな感じですかね?
Posted by ジェイ at 2008年06月23日 12:08
交流戦の優勝を逃してしまったのは残念でした〜私もあの場面で星野投手が出てきたのには…試合諦めたのかと〜と思いましたよ。金本にーやんに2打席連続のHRを打たれたのが痛かった〜2打席目はやはりストレートで勝負だったですよね〜変化球でかわそうなんて…もったいない…まあ〜すべては「たら・れば」なんですけど…梨田監督、一年目という事で模索中と考えて見ていきたいな(自分に言い聞かせてる)と思ってますが…糸井選手のコメントのお返事ありがとうございます〜野手に転向してたの忘れてました。温かく見守る(能力もったいないと思うから出来るかな?)事にします〜
Posted by 宮崎比呂子 at 2008年06月24日 15:34
>>ジェイさん

歌藤は、対左のワンポイントならいいかもしれません。右左問わず1イニング任せられるかどうかは、もう少し投げてみないと。

>>宮崎比呂子さん

まあどんな強いチームでも不調な時期や投打のかみ合わない試合はあるし、どんな優秀な指揮官でも采配ミスで落とすこともある。それを糧として、同じ失敗を繰り返さないことでしょうね。梨田采配の今後に注目です。
 糸井は森本が復帰したときに一軍に残れるかどうかですね。また、もしそうなったとして、もう一度這い上がってこれるかどうか。期待はものすごくしてます。
Posted by Fighters503 at 2008年06月27日 14:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

6月22日vs虎(4) 蜘蛛の糸
Excerpt: 【一言】  国破れて山河在り  城春にして草木深し  時に感じては花にも涙を濺ぎ  別れを恨んでは鳥にも心を驚かす  烽火 三月に連な...
Weblog: 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
Tracked: 2008-06-22 22:27

2008年ファイターズ交流戦 [6/22] 対阪神4回戦。グリン、金本に2発の被弾。交流戦連覇を逃す・・
Excerpt: {{{ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 日本ハム 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3 8 0 阪神 0 1 0 2 1 0 0 1 X 5 ..
Weblog: 日々邁進!
Tracked: 2008-06-23 07:56

【交流戦】阪神−日本ハム(6/22・甲子園)・・誰かの願いが叶うころ
Excerpt: 今日も目はGAORA、耳はHBCラジオでした。ラジオはABC放送の応援実況で、湯舟敏郎さんが解説。昨日に続いてアウェイの中、北海道のためにファイターズ寄りの実況、ありがとうございました<(_ _)>私..
Weblog: ¶タイタン号の宇宙探検¶
Tracked: 2008-06-24 17:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。