2010年03月28日

緊急事態

ロッテ 6X-5 日本ハム

 開幕から6試合して、まだ1勝だけ。しかも絶対的エースのダルビッシュが登板した試合で2回続けて勝てず、抑えのエース武田久が3回続けて救援に失敗し、またも勝ち試合を落としてしまいました。ダルはともかく、深刻なのは武田久です。去年の日本シリーズの衝撃的なサヨナラ負け以来、どうも久の投球からオーラが消えてしまっているように感じられるのは私だけでしょうか。

 ただの不調なのか、小さなカラダで頑張ってきた積年の疲労がでているのか、それとも劣化なのか。見極めがむずかしいですが、いまの久が安心して任せられるような状態でないことは確かです。これで2点差以内の接戦は3戦3敗で、そのうち2敗は、久が打たれた結果です。これでは僅差の展開では怖くて使えません。ということは、今の久に抑えは無理ということです。

 はたして久をどこまで我慢して使うのか。長いシーズンを考えれば、はやく立ち直ってくれないと困る選手ではある。だからしばらく我慢して使い続けるのもひとつの考え方ではあるでしょう。ですが私は、ここで久は思い切ってファームに落とし、再調整してもらうほうが絶対にいいと思います。抑えの代役はウルフでもいいし、伸び盛りの宮西でもいい。セットアッパーに配置転換する手もありますが、彼のプライドを考えれば、万全の状態に戻るまで使わないほうがいいと思います。

(追記)久は中継ぎに配置転換、後ろにはウルフが回るようです。なんとかはやめに立ち直ってほしいですね。

 いっぽう、監督の継投にも疑問が。前回絶好調だったマサルをはやめに代えて試合を落としたばかりなのに、今日もまた、わずか6回で交代させ、後続の建山があっさり被弾して、最終回のサヨナラの伏線を作ってしまいました。今回は球数が100近く行っていたので代え時と思ったのかもしれませんが、失敗であることに変わりはない。

 打線のツメの甘さと長打力不足も深刻ですが、その救世主となるべき中田が、相手が右投手だと出番すら与えられないのも問題。起用法を見ていると、なんとかしてこの選手を育てようとする意志がまるで感じられません。陽にしても村田にしても、若い選手は我慢して使うことでカラを破って成長するはずなのに、その機会すら与えようとしない。梨田さんの采配はあまりにもかたくなで、柔軟性に欠けるように思います。守備固めのくせにすでに2エラーもしている飯山はしつこく使い続けるくせに、若手はちょっと使って結果が出ないとすぐ干す。これでは萎縮して力も発揮できないでしょう。

 いずれにしろチームは大きな過渡期に来ているように思えます。梨田さんはせっかく2年契約なんだから、少なくとも今シーズンは結果を気にせず、未来のチームのために何をすべきなのか考えてほしい。紺田や坪井を起用するのもけっこうですが、2年後3年後を見据えたとき、いまなすべきことはなんなのか。考えるべきだと思います。
 
posted by Fighters503 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。