2010年03月21日

開幕2連敗

ソフトバンク 2-1 日本ハム

 結果的に武田久が打たれて負けたわけですが、これは仕方ありません。今日の焦点はもちろん、7回の武田勝の交代です。それまでわずか被安打1と文句のつけようもない好投だったマサルを、2死走者なしという場面でなぜ代えたのか。監督としては、前の回あたりからタマが少し浮き出していたこと、オープン戦で長いイニングを投げられず、スタミナに不安があったことなどが念頭にあったのかもしれません。しかしあの場面の交代はどうでしょうか。打者オーティズは前日からまったくタイミングが合っておらず、精彩を欠いており、この日も打てそうな気配はほとんどありませんでした。次の小久保は絶好調なので、万が一オーティズに長打を許して得点圏にランナーが進んでいたらそこで交代、というならまだわかりますが、やはり同点になるまでマサルでいく、というのが正解ではないでしょうか。

 つまりこれは監督がマサルをまったく信用していなかったということです。確かに私も、今年のマサルは危うい、と以前のエントリーで書きました。ですが今日は、10勝をあげた去年もなかったような素晴らしい好投。開幕にきっちり合わせてきたプロ意識はさすがですし、6回2/3でわずか74球と球数も少なかった。ここで簡単に代えてしまうようなら、なんのためにマサルを開幕第2戦に抜擢したのか。1年間を託すべき主力投手なのに。

 案の定、後続の江尻の乱調で、あっさり同点にされてしまい、流れはソフトバンクに行ってしまいました。江尻のふがいなさはもちろん責められるべきですが、あれだけ完璧な投球のあとではさぞかしやりにくくかったと思いますし、なによりオーティズや小久保は代わってくれて助かったと思ったはずです。そして8,9回の絶好機を打線が決められなかった時点で、残念ながら試合の趨勢は予想できました。

 これを書いている時点で監督談話は出ていませんが、昨日が選手のミスなら、今日は監督の采配ミスで負けた試合です。1年間やっていればいろんなことがあるし、去年の開幕3連敗を考えればなんてことない、と強がることもできますが、こと継投という点では今年も梨田さんはあまり進化がないなあ、というのが実感です。

 そして主力打者が二岡と小谷野(と、かろうじて金子)以外はことごとく精彩を欠いているのも気になるところ。もちろん打線のてこ入れ云々という段階ではないですが、なんとか早い段階でトンネルを抜けてほしいですね。
posted by Fighters503 at 16:53| Comment(1) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。