2009年08月23日

どん底状態

ソフトバンク 3X-1 日本ハム

 前のエントリーで「これから谷の時期もくると思いますが、それでも大型連敗でもしない限り、ここから大きく落ちることは考えにくくなってきました」と書きましたが、まさかこんなに早くその「谷」がくるとは。しかもやってはいけない大型連敗で、最大7あったゲーム差は、一気に3まで詰められました。そのうえダルも八木も抹消中で、しばらくは勝ち頭ふたりが使えない状態。次のオリックス戦次第では、週末の札幌ドームのソフトバンク3連戦で首位陥落という危険性がぐっと高まってきました。

 もちろんインフルエンザによる主力大量離脱なんて誰も予想できない事態ですし、誰が悪いわけでもない。ですが、こんな危機的状況だからこそ、防げるミスは防ぎ、勝つための最善の策をとらなきゃいけない。今日の最大のポイントは言うまでもなく6回。いくつかの致命的なミスが出ました。まずは先頭の川崎にぶつけて歩かせてしまったこと。そして次は、小久保のヒットを後ろに逸らした陽のプレイです。もちろんエラーした陽が一番悪い。ですが今年途中から転向したばかりの急造外野手を、こんな大事な試合になぜ使ったんでしょうか。一軍にあがってきてからもあぶなっかしいプレイを何回もやっていて、実際におとといも打球を蹴飛ばしてしまうアホなエラーをやらかしている。2位相手に3連敗だけは絶対やっちゃいけない、その剣が峰の大事な大事な試合に、しかも一点を争う緊迫した試合になるのはわかりきってるのに、なぜこんなあぶなっかしい選手を使うのか。ここのところずっと当たっていて、守備も走塁もいい本職の村田をなぜ使わなかったのか。相手が左だから右の陽を使ったんでしょうが、今季の杉内は対右の被打率が.205、対左が.271と、むしろ左の方を苦手にしているのです。守備に目をつぶっても使いたくなるほど陽のバッティングが好調なわけでもない。こういう試合で一番怖いのはミスです。実際、やる前から苦しくなるのはわかりきった試合で、杉内相手にとった虎の子の一点を、マサルが打たれながらもなんとかしのいで守り抜くという、勝つにはこれしかないというという展開だったからこそ、つまらないミスで点をとられることだけは避けなければいけなかった。そのために最善の策をとったといえるのか。このチームが守備力で勝ち抜いてきたんだってことを、指揮官はわかっているんでしょうか。

 そして次のミスは、田上を歩かせて長谷川と勝負したこと。2ボールとボール先行になったので無理しなかったんでしょうが、結局長谷川にもボール先行で、それなら長谷川も歩かせて、次の打者と勝負すればよかったのに、2者連続敬遠は気が引けたのか苦し紛れにストライクをとりにいって打たれてしまった。あの場面、2死で3塁に勝ち越しのランナーがいて、外野フライではダメだがシングルヒットなら点が入るという状態では、一発もあるがもろさもある田上より、広角に打てる打率の高い長谷川のほうがはるかにいやだった。実際、それまでの打席も長谷川のほうが内容は良かった。昨日も打たれてるし。たぶんバッテリーが敬遠を選んだのではなくベンチの指示なんでしょうが、悔やまれる判断ミスです。梨田さん、ここのところ采配でも無難なところを見せていたんですが、こういう窮地になると、真価を問われてしまいますね。とりあえず陽は下に落として、来年の春期キャンプまで地獄の守備特訓ということでよろしく。

 でもまあ、1回先頭の賢介が2塁打を打って以降6回まで、ヒットはおろか外野にボールも飛ばなかったわけですから、打てなかったことが今日の最大の敗因であることは確か。15三振も喫していては、相手投手が良すぎたというしかない。こんな展開ではミスが出なくてもどこかでマサルが捕まっていた可能性は高いでしょう。特にインフル復帰組はまったくいいところなし。リハビリ途上で杉内というのもきつかった。今日のプレイをみていると、まだ試合勘を取り戻すのは時間がかかりそう。インフル組離脱の間、ひとりで責任をしょいこんですっかり調子を狂わせてしまった稲葉の不調も痛いし、金子もなんだか去年までに戻ってしまったような……。

 いずれにしろ、たった一晩であれだけ勢いのあったチーム状態は、どん底に落ちてしまいました。インフル前から繋がりが悪くなっていて、5連敗中は最大3点しかとれてない打撃陣の復調には相当時間がかかりそうですが、しかしこんなときこそが踏ん張りどころです。とにかく守りを固め、ミスを最小限に防いで、辛抱を重ねて勝ちを拾うしかない。そもそもそれが本来のウチの戦い方なんですから。今週の6試合が今季の命運を分けてしまうかもしれません。なんとか踏みとどまれ! 98年の歴史的大失速の再現だけは避けたい!
posted by Fighters503 at 16:36| Comment(2) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

これは最後までいくか

日本ハム 7X-6 西武

 またまた同じような言いぐさになってしまいますが、今のファイターズの勢いは、ほんとうに神がかっている。

 先行され、中押しされ、相手新人投手を打ちあぐみ、そして小谷野の3ランで1点差に追いすがったものの、相手4番の2ランで突き放される。回も終盤だったし、普通なら完全な負けパターン。9回裏に糸井の2塁打が出て一死二三塁の場面でも、勝てないまでもせめて一矢報いてくれれば、と思っていた人が多かったんじゃないでしょうか。それが、まさかまさかの稲葉の同点ホームラン。新庄じゃないが、マンガみたいなこの展開がすごすぎます。稲葉のチカラだけじゃない。人智を超えた何かがウチの後押しをしてるとしか思えない。

 そして問題の10回裏。佐藤のボーンヘッドでチャンスが潰えたかに見えたのに、その後もしぶとくつないで相手のバッテリーエラーでサヨナラ。こっちは2回の小谷野の走塁ミスもあって、残塁も多く決して理想的な試合運びではなかったわけですが、それでも勝ってしまう。

 大野がインフルエンザで倒れたり、ここにきて故障者も出てきてますが、代役で急遽登録された中嶋が活躍したり、勢いは衰える気配はありません。

 残り45試合で2位とは7ゲーム差。たぶんウチのチーム状態は今がピークなので、これから谷の時期もくると思いますが、それでも大型連敗でもしない限り、ここから大きく落ちることは考えにくくなってきました。逆に、ポスト・シーズンにいかにもう一度ピークの時期をもってくるか、ということが重要になってきます。ベンチ組や二軍の若手をうまく使いながら、レギュラークラス(特に中継ぎ以降)にいかに休みをとらせ、コンディションを保つか。監督以下首脳陣の腕の見せ所です。
posted by Fighters503 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

神がかっている

日本ハム 4X-3 オリックス

 東京ドームにて観戦。いやはやすごい試合でした。野球のすべての要素が詰まりまくった中身の濃い試合。サヨナラ打を打った賢介は「神がかってますね」と言ったそうですが、ここのところそんな試合がずっと続いています。守護神が打たれ逆転されれば、普通は負け。それを9回二死走者なしから、今季まだ6本しかホームランを打ってない打者の一発で追いつき、逆転サヨナラとは、本当に神がかった勝ち方です。小谷野の勝負強さはまさに驚異的。賢介はもちろん、カブレラの緩慢プレーでエラーにされてしまったものの、賢介のサヨナラ打のお膳立てをした佐藤の一打も、チームの勢いを象徴してました。

 そして驚異的といえば、1点差に迫られた直後の坂口の大飛球を背走しながらジャンピング・キャッチした糸井のウルトラ・スーパー・ファイン・プレイも驚きました。ちょうど出たばかりの週刊ベースボールの外野手特集を読みながら球場に行ったんですが、そこで他球団が怖れる外野陣としてもっとも多く名があがっていたのがファイターズの外野陣。同誌には糸井と稲葉の対談も載ってましたが、その評判を裏付けるようなビッグプレー。空恐ろしいほどの身体能力と守備勘ですね。あのまま逃げ切っていればヒーローインタビュー候補にあがってもおかしくないようなプレーだったと思います。ほかに二岡・金子などファインプレー連発で、このチームが何で勝っているのか知らしめた試合内容だったとも言えます。バックの堅守に支えられ、八木の投球も安定感抜群でした。

 なんでもこの日は鎌ヶ谷の二軍選手たちが観戦していたらしいですが、八木、小谷野、賢介、糸井、佐藤、さらに菊地や江尻など鎌ヶ谷で苦労した選手たちが一体となってもぎ取った勝利に、意を強くしたのではないでしょうか。

 そして、懸案の梨田采配も、ここのところかなり冴えているように思います。八木、久と、打たれた直後にスパッと代えて傷口が広がるのを防いだ早めの継投も、これまで交代機が遅れて致命的になることが多かったことを考えれば、上出来。吉井コーチが書いているようにダル以外の先発は信用していないのか、ここのところ早め早めの継投が目立ちますが、監督はそれぐらい非情なほうがいい。そのため中継ぎ以降に負担がかかり、ここのところ疲れが出て打ち込まれるケースも目立っているわけですが、その代わりマサル、藤井、多田野、そして八木と、シーズン当初は崩壊しまくっていた先発陣が試合を作れるようになってきているのは心強い。

 6月15日付けのエントリーで、今季のファイターズの接戦での勝負弱さを指摘しました。その時点で1点差試合は6勝13敗という結果だったわけですが、その後は9勝6敗と、徐々に競り合いに強い試合巧者ぶりを発揮できるようになっている。これも心強い。監督采配が進化している証でしょうか。

 ただし糸井を下位の7番で出すスタメン起用にはおおいに疑問があります。確か糸井の打順別の打率は3番がダントツで、6割近く打ってるはず。次が5番です。下位に置くよりもクリーンナップでチカラを発揮するタイプなのはあきらかです。信二の4番はそのままでいいとして3番糸井、5番稲葉という布陣が現状のベストと思いますが、稲葉やスレッジのプライドに考慮してるんでしょうか。

 今日の先発は須永。いまいち運に恵まれない同投手ですが、打線の援護を期待しましょう。いまのチームの勢いなら、涙のプロ初勝利も十分期待できそうです。
posted by Fighters503 at 11:17| Comment(3) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。