2009年06月22日

交流戦終了

広島 7X-5 日本ハム

 今日は惜しい試合でした。打線は粘りを見せ、代打攻勢も実を結んで一時は3点差をよく追いつきました。投手陣も、糸数を早々に見切ってはやめの継投策に出たのは、これまで投手交代が遅れて致命傷になっていたのが多かったことを考えれば、賢明でした。しかし林、そしてマサルと、満を持して注ぎ込んだ自慢のリリーフ陣があっさり失点したのが大誤算。スレッジと糸井のお見合いでの不運なヒット(実質エラー)がきっかけになった林は気の毒な面はありましたが、その後踏ん張りきれなかったのはやはり問題。マサルは論外です。久々のブルペン待機で感覚がつかめなかったのかもしれませんが、どうも今年のマサルはピリッとしませんね。先発を引っ張れば傷口を広げ、早めに見切れば中継ぎが失点する。うまくいかないものです。

 そして今日の試合で糸井がついに規定打席数に到達。打率.335(リーグ4位)出塁率.414(5位)長打率.595(2位)、そしてOPSは1.009と堂々の両リーグトップ。得点圏打率も.405(3位)です。こんな強打者を2番に置き、苦手のバントまでさせる采配には大いに疑問がありますね。ほかに適任がいないということもあるかもしれませんが、いったい糸井をどんな打者に育てたいのかさっぱりわからない。いつぞやの監督談話「糸井はどんな打順でもこなしてくれるので助かる」という言葉が、すべてをあらわしている気がします。つまり監督は現有の戦力をいかに使いこなして目先の勝利をモノにするかしか考えていない。糸井のこともただの便利屋としてしか見ていないことは明白。将来的にこの選手をどう育てるか、どういうチームにしたいのか、そういうヴィジョンがまったくない。だから起用が場当たり的になる。このブログでも書いた通り、今年で契約が切れる梨田監督は、来年以降のチームの将来なんて二の次。今年とにかく結果を出さないと自分のクビが危ういからです。伸びしろと可能性はあるが未熟で不安定な若手選手を抜擢・我慢して使うよりも、確実に計算できるベテランや中堅を使ったほうがいい。そう判断してるんでしょう。中田の扱いがいい例ですね。今日の試合後に梨田監督は中田の二軍落ちを明らかにして「打撃は良い当たりをしていたが、現状では(1軍で)うまく使えない」と言ったそうですが、この他人事みたいな言いぐさはあまりにひどい。使っているのはほかならぬアンタで、要は使いこなせないのはアンタの能力不足だろ、と言いたくなりました。そんな監督の寵愛を受け重用されているのが大野。勝敗に直結するという点ではよっぽど新人捕手の起用のほうがリスキーな気がしますが……。

 梨田采配に対して批判的に書いてきましたが、いま現在、下位に低迷してるならまだしも、一応首位をキープして優勝をも狙える位置につけてるんですから、これは評価しなきゃいけない。プロ野球チームの目的は優勝以外にありませんからね。ですが世代交代を押し進めなければ、そのチームに未来はない。この両立が難しいわけで、だからこそ戦力が均衡化した近年、同一チームが何連覇もすることは困難になっているわけです。

 15日付で書いた通り、現在の戦力と、残された数字からして、現在の戦いぶりにはやや物足りない思いもあります。目先の勝利を追い求めているくせに、勝つために最善の野球をやっているとは思えないところもある。そんな梨田ファイターズが今後どうなっていくのか。もちろん優勝すれば八方丸く収まるでしょうが、おそらくそう簡単にコトは進まない。ファンとして全力で応援するのは当然ですし、起用された選手には活躍してほしいと切に願いますが、そのいっぽうでチームとしての戦い方は冷静に、注意深く見守っていきたいと思います。

 育成と勝利を両立しなきゃいけないプロ野球チームとしての一番の理想は、これと決めた監督と長期契約を結び、目先の結果にとらわれず、じっくりと常勝チーム作りの土台から作っていくことでしょう。うちのフロントも、そう考えているはず。果たして今シーズン終了後、梨田さんが長期契約を獲得しそんな盤石の体制を築けるほどの結果を出すことができるのか。興味深いですね。 
posted by Fighters503 at 04:19| Comment(2) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

今年を象徴するような試合

中日 11-10 日本ハム

 お久しぶりです。こう更新が稀だと、見に来ていただける人も少ないと思いますが、とりあえず書ける時にということで。

 さて昨日の試合。負けたとはいえ、7点差をあわやというところまで追い詰めた試合展開といい、我が一押し糸井の大活躍といい、中田の技ありのヒットといい、飯山の左翼守備といい(しかしどこでも器用にこなす選手ですね!)、見所十分で楽しめました。しかし惜しい試合であればあるほど敗因もクローズ・アップされるわけで、誰もが感じたのは3回の継投。TVの解説でも、新聞報道でも、糸数の交代が遅れたことを結果として敗因に挙げていました。さすがに監督も投手コーチもミスを認めたようですが、去年からずっと指摘しているように、梨田さんは決断が遅い上に決断力がないですね。そのくせガンコで意固地。監督にとって一番大事なのは投手交代のタイミングのはずですが、そこがダメなんだから困ります。今年の交流戦ではビジター、つまりDHなしの試合の勝率が悪いんですが、投手が打席に立つぶん、より高度な判断が求められるわけで、選手時代を通じてもDH野球しか知らない、近鉄いてまえ出身の梨田さんには難しすぎるということでしょう。

 そもそもまだ3回の時点ですでに試合を諦めてしまったような采配には大いに疑問が残ります。選手は諦めていなかったから1点差まで追い上げたけど、あの時点で真っ先に試合を投げてしまったのが、チームの先頭に立つべき監督なんだから。結果的には見せ場があったにせよ、お金を出して一生懸命応援していたファンも、いい面の皮です。

 そうした監督采配は、チーム成績にも顕著にあらわれています。現在チームの得失点差は+94。これはリーグダントツのトップです(2位は西武の36)。防御率は僅差のリーグ2位、打率はダントツの1位。これだけ見れば1位独走していてもおかしくないですが、実際は2位ソフトバンクとわずか1ゲーム差。いかにうちが勝つときは大差勝ち、負ける時は僅差で競り負けというゲームを繰り返してるかという証拠。現実に、1点差ゲームは現在まで6勝13敗、しかも現在7連敗中(この連敗は交流戦が始まってから)です。07年までは接戦に強い試合巧者だったはずのウチが、いつのまにか接戦に弱く、勝つときは打力で圧倒するだけ、というおおざっぱなチームになってしまった。この状態で防御率が悪いなら仕方ないところもありますが、防御率だって悪くないんだから、いかに継投を含めた戦い方がヘタかということです。これをすべて監督のせいにすることはもちろん乱暴ですが、少なくとも梨田就任前と後では、チームの体質がすっかり変わってしまった。大差勝ち、僅差負けが多いのは、普通なら僅差勝ち、大差負けの試合を打ちまくって大差・僅差にしているから、なんて声もありますが、どんな試合だって負けたときは負けただけの理由がある。今日なんて確かに大差負けの試合を選手ががんばって僅差負けした例ですが、そもそも序盤の時点で試合を諦めてしまったかのような監督采配に問題があったこともまた、否定できないんじゃないでしょうか。

 昨日に関しては建山の故障でリリーフの層が薄くなったことが継投遅れの理由に挙げられていたわけですが、試合終了時点で久も宮西もブルペンに残っていた。しかも前日は宮本しか投げてないし、翌日は休み。来週は木金休みのユルユルのスケジュール。ブルペン全員使っても差し支えないし、たとえ延長になってもしのげるはずです。つまり言い訳にはならない。要は早い回で先発投手をおろす決断がつかないんでしょう。もちろんあそこで、たとえば英智に2-0から逆転タイムリーを打たれた時点で江尻に代えても、抑えきれたかどうかはわからない。抑えきれて1点差で済んでいたら、その後の中日の継投も変わっていたろうし、うちの終盤の猛攻があったかどうかもわからない。ですが、3回の時点で監督の継投決断が遅れ、それが結果として敗因に繋がったことは間違いない。

 ガンコで意固地というのは、今年の野手の起用の仕方を考えてもわかります。確か今年になって、故障以外で一二軍の野手の入れ替えをしたのはヒメネスだけのはず。どんなにスランプがひどかろうが、決して下に落とさない。もちろん今年は打線が好調ってこともありますが、下でどんなに好調でも上にあげようとしない。そして村田や中田のように、あげても使わない。去年はほぼ全員の野手を上でお試し起用して力量を見極め、見極めたあとはこれと決めた選手を徹底的に使い倒すというのが梨田流なんでしょうが、いかにも柔軟性がないですね。一度ダメと烙印を押すとテコでも動かない。私からみれば、たとえば二岡なんて鎌ヶ谷で足が完治するまでじっくり調整させ、万全にしてから後半戦にでも出てきてくれれば、と思います。守れない走れないじゃDHか代打にしか使えないし、常時出場していなきゃ彼のようなタイプはチカラを発揮できない。森本も現在の調子を考えれば、下で徹底的な調整が絶対必要。チームのためにも、本人のためにも、ペナント大詰めの大事な時期に戦力になってもらうため、まだペナント中盤の今こそ決断しなきゃいけないはず。代わりに大きな成長を見せている鵜久森や陽あたりをあげればいいのにと思いますが、一向にそういう気配はないですね。

 もちろん二岡は入団の経緯から、そう簡単に下には落とせないし、森本は貴重な右の外野で、守備面だけでも貴重な戦力です。ならせめてスタメン2番には、ここのところアピールしまくりの村田を使えばいいのにと思いますが(たとえ1〜3番と左が続くことなっても)、そういう決断ができない。思い切った起用をして結果が裏目に出るのが怖いんでしょうか。

 もちろんなんやかや言ってもパリーグ首位。勝敗の結果だけ見れば問題ないわけで、懸案だった打線強化も梨田監督が来てから。小谷野や糸井の開花も、梨田さんの功績と言っていいかもしれない。中田がどうなるかはこれからに注目ですが、せめて偏見や固定観念を抜きにした起用をお願いしたいですね。いまさら競り合いに強い采配を……などと言っても無理でしょうから、今年はそういうチームになってしまったのだとと諦めて応援するしかないですね。

 それにしても糸井はすごいですね、昨日の8回など、ここで打てばすごいなあ、と思っていたら本当に打ったので驚いた。しかも打った瞬間ホームランとわかるようなすさまじい当たり。ここまで打率.331(稲葉は.337)、出塁率.411(稲葉は.441)、長打率.601(稲葉は.557)で、得点圏打率はなんと.432(稲葉は.299)と、稲葉にまったく遜色ない成績。稲葉が戻れば3番は譲り渡すことになりそうですが、現在の勢いなら糸井3番、稲葉5番でいいんじゃないでしょうか。うまくいけば交流戦明けぐらいには規定打席に達するかな? このままケガなく過ごしてほしい。

 小笠原の穴を埋められるとすれば糸井しかいない、と言ったのは解説者の光山英和です。私は福留クラスの大器、と期待してきました。しかし糸井のスケールはそんなものではないかもしれませんね。ほんと、楽しみ。
posted by Fighters503 at 16:19| Comment(1) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

ついに糸井が覚醒か!

日本ハム 7X-2 広島

 このブログを始めて3年。ずっと期待しつづけ、指折り数えて待っていた糸井の本格化がようやく始まりましたね。

 投手から転向して4年、プロ初のクリーナップに抜擢され、いきなり3打数3安打1本塁打4打点と大活躍。第一打席でバントさせられたときには、オイオイ今一番調子がいいから5番にあげたのになんでバントなんかさせるんだよと思いましたが、あれで初クリーンナップという重責を感じずに試合に入れたのかもしれません。とりわけ、とても打てそうになかった難攻不落のルイスから2安打して、いずれも得点に結びつけたのは素晴らしい。8回のダメ押し3ランは、まさにホームランバッターとしての開花を確信させるようなすさまじい当たりでした。札幌ドームのライトスタンドに叩き込む一発を早く見たいとずっと念じてきましたが、最高の形で実現しました。本拠地でのお立ち台も初めてのはずで、長い間応援してきた甲斐がありましたよ。ヒーローインタビューでは天然なボケキャラを遺憾なく発揮してくれましたが、いよいよ福留二世への期待は高まるばかりです。

 森本もギリギリの剣が峰で、よく打ちました。思い切り引っ張っての長打なんて、いつ以来でしょう。この人が打つと、この2日間湿りっぱなしだった打線がいきなり繋がったんですから、やはりムードメーカーとしての役割は重要です。これで乗ってくれるといいんですが……

 さて、今日のDHは相手が右ということもあって、またもヒメネス。そしてお約束のように3タコ。特に3打席目は、外角のタマを「結果を欲しがって」当てにいっての空振り三球三振と、内容も最悪でした。そして4打席目は糸井の一発で試合の趨勢が決したあとの一死ランナーなしの場面。これは中田が代打かなと、球場の誰もが期待したと思いますが、なんと代打坪井。いくら相手は右投手とはいえ、ここで使わないといつ使うというんでしょうか。よほど梨田監督は中田にチャンスを与えたくないらしい。巷間伝えられているようにスレッジが次の讀賣戦から一軍に復帰らしく、入れ替わりに誰かが二軍落ちするわけですが、これでヒメネスが残って中田が落ちたりしたら、いくら温厚な札幌のファイターズ・ファンでも怒るんじゃないでしょうか。それだけが今日の試合で唯一、すっきりしない出来事でした。
posted by Fighters503 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

いったい梨田監督は中田に何を期待しているのか

 ごぶさたしてます。一軍にあがって、数少ない打席機会で8打数3安打と、それなりに数字を残している中田。しかし故障で2軍落ちのスレッジが復帰間近ということで、その去就が注目されています。梨田監督は昨日、こんなことを言ったようです。

中田翔2軍危機!スレッジ復帰で最後通告

 「結果を欲しがったら終わり。オープン戦(18打数2安打、11三振)の二の舞となる。ちゃんとしたスイングで結果が出るならばいいが、結果を欲しがっていたらスイングも小さくなる」。中田の評価を大きく下げたのが5月30日の阪神戦(札幌ドーム)。7回に代打で出場し、カウント1―2から高めのボール球に空振り。結局、空振り三振に終わった打席だった。「あれを見逃していればね。きのうの試合も使った」と話した。


 どの新聞もだいたい同じ内容ですが、要は先日代打で出た阪神戦の打席で高めのボール球を空振りしたのが、指揮官はお気に召さないらしい。

 しかし、これを読んで大いに疑問に思ったのは私だけでしょうか。いまファイターズに、いや日本球界に、高めのボール球をどんな状況であれ完璧に見送れる打者がどれぐらいいるというんでしょうか。イチローだって小笠原だって金本だって、もちろん全盛期の清原だって、時にはクソボールを空振りする。確かに絶好調時の稲葉あたりは滅多にボール球に手を出さないですが、梨田は今の中田に稲葉なみの選球眼を求めているんでしょうか。

 しかも阪神戦の空振りは、ダルが投げ6−1で勝ってる終盤の7回、つまりほぼ試合が決した局面でランナーなしの場面です。競った試合の終盤、この一打で試合が決まるという場面ならまだしも、スラッガーならどんな打者だって思い切り強振していい場面じゃないでしょうか。カウントは1−2で、確かにあのタマを見送れば1−3になり、より甘いタマがきて打ちやすくなるでしょうが、あの状況で「オレは絶対あのタマは振らない」と言い切れる打者など、おそらくひとりもいないでしょう。空振りしたってまだ2ストライクになるだけ。そんな高すぎる水準のプレイを中田に求めてるのか。いまごろうちの一軍打者たちは梨田発言の厳しさに首筋が寒くなってるでしょう。まして中田は若き大砲候補。高めのタマはうまくすれば絶好のホームランボール。大砲なら手を出したって少しも不思議じゃない。あの場面も、中途半端なハーフスイングで凡ゴロ、あるいは甘い球を見送って見逃し三振、なんかじゃなく豪快にフルスイングしての空振りです。そんなところまで重箱のスミをつつくように難癖つけたら、かえって結果を気にして萎縮して消極的になってしまい、スイングもちいさくなってしまうのが関の山です。まさにためにするためのあら探し。結果を求めるなと注文をつけつつ、しかし肝心な場面での結果を強要する。中田を二軍に落としたくて、むりやり難題をふっかけているとしか思えません。

 中田は上の記事によると「僕は別に結果を欲しがっていない。今は三振してもいいからフルスイングしようとやっている。調子のいい時だって高めの球に空振りすることはある」と話している。どう考えても、中田のほうが筋が通ってますね。むしろヒメネスなんかのほうが結果を欲しがるあまり当て逃げみたいな中途半端なスイングをしてる。

 もちろん梨田監督にもいろいろ言い分はあるでしょう。中田には大きく成長してほしいから、奮起を促すためにもあえて厳しくしているのかもしれない。ですが一連の発言や行動をみても、中田に対する愛ある叱咤激励という感じがない。彼をなんとかウチの主砲に育てようと意志が感じられない。ただ厳しいだけ。そういえば梨田監督は、二軍監督の中田昇格の推薦を再三に渡って無視し続けたらしいですが、嫌われてんのか? それにしたってもし一連の発言や行動が本音なら、梨田監督には育成の意志も能力も欠如している、と言い切っていいかもしれない。

 しかしこれはある意味仕方のないことかもしれません。梨田さんは今年が2年契約の最終年。なによりまずペナントでの「結果が欲しい」ところ。モノになるかどうかわからない荒削りの若手なんか怖くて使えないし、まして育てるなんて悠長なことはやってられない。それが本音かもしれない。また球団にしても、今年中途半端に一軍定着して(打席数がいって)しまうより、二軍に塩漬けして、来年の新人王を狙わせたいというのがあるのかもしれない。

 だがそんなことでは中田は納得しないでしょう。まして一軍にあがって全打席三振とかならまだしも、慣れているとはとても言い難い代打中心でそれなりに結果を出している。ロクにスタメンのチャンスも与えられず、しかも言いがかりとしか思えない理由で難癖をつけられ二軍に落とされようとしている。二軍降格は既定路線で、その理由を無理やりこじつけているようにしか思えないのです。

 もちろん中田の守備が不安とか、あのトシでDH専門にしちゃうのは良くないとか、いろいろあります。守備ばかりは、実戦経験を積まないとうまくならないというし、二軍で守備を鍛えてからあげるというのも、ひとつの考えではあります。そしてDHとしても、打撃・経験・信頼度など、まだ信二や二岡、スレッジなどに総合的には劣るかもしれない。しかしそんなことを言っていたらいつまでたっても若手を起用することなんてできないし、世代交代なんて絶対無理です。西武の中村だって守備に難があると前監督時にはロクに使われなかったが、現監督が守備に目をつぶって使い続けたら、パNO.1のスラッガーに成長した。栗原だって村田だって新井だって同じプロセスで一人前になっています。もちろん若手を抜擢するかベテラン中心でいくか、ある程度の完成度を求めるか未完成でも抜擢するかは監督の方針次第ですが、中田は誰もが認める将来の四番打者。世間の注目度も抜群のスター候補生です。誰もが納得のいく人事をやってほしいものです。少なくともロクに打てず守備でも足をひっぱりまくりのヒメネスにチャンスを与えるより、中田の打席を一回でも多く見たいというのは、多くのファンの総意ではないでしょうか。現時点だって、ヒメよりは中田のほうが戦力になると思うんですが、どうでしょう?
posted by Fighters503 at 13:15| Comment(3) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。