2009年04月11日

またまた大勝

日本ハム 9-0 ソフトバンク

 またも9点とって大勝。4連勝の得点が9点8点9点9点とは、どんな強力打線? この日も先制、はやい段階で追加点、そしてダメ押しと一見、理想的な試合展開だが、しかし点差ほどラクな試合ではなかったのは、観戦していた方なら誰もが感じたことだろう。5回まで4安打6四死球、2回以外は毎回毎回複数のランナーを背負った藤井の投球には、ほんとうに心臓が縮み上がるような思いをした。勝負所で踏ん張った藤井を褒めるべきか、調子がいいとは口が裂けても言えない投手をうまくリードした大野がエライのか(CS解説の若菜は珍しく手放しの絶賛だった)、あと1本が打てない相手打線が不甲斐ないのか。ともあれタイムリーが1本でも出ていれば勝負の帰趨はまったくわからなくなっていたはずで、曲がりなりにも無失点で抑えたんだから、今日のところはよくやったと言えるのではないか。

 とはいえ、今日の藤井ではソフトバンク以外のチームでは通用しない可能性が高い。ポイントゲッターとして松中・小久保以外は二枚も三枚も落ちるソフトバンク打線相手、そのふたりだけで6打席中5四死球とは、いかにふたりとの勝負を避けていたかということ。もちろんそれはそれで戦術として間違ってはいないが、松中小久保クラスが下位までずらりと並ぶ西武やオリックスや楽天相手にこのやり方が通用するとは思えない。順調なら来週土曜は対西武戦で、藤井が投げるはず。そのときまでに修正できるか。生観戦予定だが、めちゃくちゃ不安です。

 藤井は早い回で降りてしまったけど、継投はうまくはまった。菊地は素晴らしい。藤井から菊地に代わって急に試合が引き締まり、試合展開も早くなった。坂元ははやめに立ち直りの機会を与え自信を回復させようという起用だったのかな。不運な当たりを2本ヒットにされたもの、なんとか無難に抑えた。須永は内野安打の処理に慌てて自らのミスで2塁まで生かせてしまい、四球でピンチを招く。これで失点してたら首脳陣の評価はガタ落ちだったろうが、なんとか剣が峰で踏ん張った。精神面でもう少し強くなってほしい。

 打つ方はいまのところ問題なさそう。昨日のノーヒット、今日もバントミスなどがあってプチスランプになりかけた?賢介も、終わってみれば初本塁打も含むマルチ・ヒット。当たりの止まっていたヒメネスも打ったし、紺田は驚きのダメ押し2点三塁打を含む2安打。これで紺田・糸井・森本の外野手争いはますます激化しそうだ。守備も2エラーが出たが、スレッジのビッグプレーはめちゃくちゃ大きかった。

 あしたは杉内なので、昨日今日みたいになにもかもうまくいくとは思えない。なので、今日の勝ちは大きかった。これでなんとか5割に戻して札幌に帰れます。
posted by Fighters503 at 22:23| Comment(1) | TrackBack(6) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

またも大勝

日本ハム 9-1 ソフトバンク

 稲葉のエラーで先制されたときは、天敵・和田が相手だし終盤になってこの一点が重くなりそう、とか気をもんだが、終わってみれば圧勝。去年や一昨年ではほとんどなかったような、安心して終盤を迎える展開で、こういう試合になると、やっぱ打線強化の意義は大きいのかな、と思う。谷元にもいい場面で経験を積ませることができたし。

 和田はダル相手を意識したのかずいぶんとばしていた。そこを読んだのかウチの打者がよく粘って球数を投げさせていたので、100球に近づいた6回、金子の一発で緊張の糸とスタミナが同時に切れた感じだ。今までのウチだと金子の一発止まりだったろうけど、よくそのあとつないで追加点をとったと思う。森本の二塁打が大きかった。6回の3点で試合はほぼ決まりだったろうが、そのあとも気を緩めず相手中継ぎを打ち崩したのは良い。鶴岡のバント失敗とか、反省点はあるし、できれば今後のためにロースコアの接戦を制して欲しかったが、それはさすがにぜいたくというものか。

 今日一番の収穫は森本だろうか。最初の2打席はとても打てそうにない感じで打席での構えも小さく見えたが、追加点の口火を着る2塁打で吹っ切れたのか、次の打席では初球からフルスイングする積極性が出て、ヒットも出た。2塁打も決して会心のヒットというわけじゃなかったが、やはり結果が出ると精神的にも違うのだろう。当分糸井と併用は続くと思うが、こうやってコツコツと結果を出していけばレギュラー奪回も期待できる。逆に糸井は森本の活躍をバネにして、復調してもらいたい。それにしても金子の絶好調ぶりはすごいね。シーズンが終わってみると結局2割5分前後に落ち着いてるんだろうけど(笑)。

 心配なのは賢介。元気なく5打数無安打3三振。最後は珍しく守備固めを出されてしまい、去年から続いていた全試合フルイニング出場がいきなり途切れてしまった。なにかアクシデントじゃなければいいが。

 あしたは藤井。立ち直ってきちんと試合を作る投球を期待。
posted by Fighters503 at 21:56| Comment(2) | TrackBack(7) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

これでいいのか

楽天 3-1 日本ハム
楽天 6-5 日本ハム
楽天 9-6 日本ハム
日本ハム 9X-1 ロッテ
日本ハム 8X-7 ロッテ

 仕事等でバタバタしていて満足に観戦もできず、日記を書く余裕もなく、すっかりごぶさたしてました。それでも、本当は開幕3連戦が終わった時点で書こうと思ったが、書き出せばネガティヴなことばかりになりそうで、始まったばかりの時点でそうそう悲観的になるのもどうかと思い、自重していたのである。そして、4連敗も覚悟して生観戦した7日の試合に完勝、その勢いで2連勝して借金1まで戻し、次の3連戦で勝ち越せば5分に戻せるところまできた。しかし、はっきりいって開幕3連敗で露呈した問題点が解消されたようには思えなかった。

 開幕5試合の戦い方を見ていると、ファイターズは2年前とはまったく違うチームになってしまったと思わざるをえない。打率、本塁打、チーム得点ともにリーグトップ。そして防御率、失点ともリーグ4位。5試合中先発が5回以上持たなかったのが3回、5試合中4試合まで早い回に先制され、うち3回は初回に失点して序盤で大量リードを許す展開。中継ぎ以降も不安定で、まともにゲームが作れていない。先制した唯一の試合も、投手陣が守りきれない。反面打線は好調で、先制されたのを追いつき、また突き放されても再び打ち返す、という、典型的な「とられたらとりかえす」野球だ。打線の強化がチームとしての最大課題だったことは確かで、それは実現したかもしれない。だがその代わりディフェンスはボロボロである。梨田監督が就任して1年、今までの戦いぶりを見る限り、少ないチャンスを活かし鉄壁のディフェンスで守りきる、という従来の緻密なファイターズ野球はほとんど消滅し、よく言えば豪快な、悪く言えばおおざっぱな「近鉄いてまえ野球」になってしまった。ようやく梨田カラーになったということで監督は満足かもしれないが、それで本当にいいのか? もちろん、こうなった最大の元凶は、試合を作れなかった先発陣にあるのは間違いないが、投手個人にすべての責があるとは思えない。

 以前ここの日記で「梨田采配では勝てない」と断言したことがあったが、その是非はともかく、この監督が緻密な采配を苦手にしていることはあきらか。7日の試合で、中継ぎ3投手を1イニングで使い果たし、しまいに投手が足りなくなって、前日3イニングを投げていた坂元を連投させ競り負けた馬鹿継投が典型的だ。このことについて福良コーチは「先発が試合を作れないんだからしょうがない」と言ったそうだが、先発が早い回で崩れたら全部そういう継投になるのか? そういうときになんとかするのがお前らの役目だろ、と言いたくなってしまった。また攻めるほうにしても、前コーチの白井さんは自身のブログで、選手に進塁打の意識がなく、引っ張りまくって併殺打という最悪のパターンになっていること、また少し前には、全力疾走を怠る選手が増えてきたことも指摘している。凡打だろうがなんだろうが常に全力疾走することで相手ディフェンスにプレッシャーを与えミスを誘発するのが従来のファイターズ野球。それが失われがちであるというのだ。バント/強行のタイミング、選手交代のやり方、等々、すべてが微妙にずれている。つまり2連覇した時のうちの良さは、今のところすっかり影を潜めているのだ。

 もちろん監督が代われば野球の質も変わる。それはそれで仕方ない。だがこういうやり方で一年間戦っていけるのだろうか。もちろん前回は不甲斐なかったスウィーニーも藤井も、次は立て直してくるだろう(そうでなかったら、鎌ヶ谷に行ってもらうしかない)。だが同様に、今は打ちまくっている打線だって、いつまでもこの好調が続くはずがないのだ。必ず打てなくなる時はくる。いい投手がいい投球をすればなおさらだ。そういうときにいかに勝ちを拾っていくか。今の梨田野球にそれができるのか。問題が山積みしている。

とりあえず言いたいこと

1)坂元の使い方を考えてくれ。去年のように先発が早い回に崩れたときのロングリリーフなのか、勝ちパターンの中継ぎもしくはセットアッパーなのか。今までの使われ方を見ていると、彼にどういう役目を与えたいのかわからない。このままじゃ潰れちゃうぞ!

2)須永、谷元、宮西らは、なるべく我慢して使ってほしい。ちょっと四球を出したりヒットを打たれたぐらいで簡単に代えてしまっては、育つモノも育たない。

3)糸井と森本を左右で使い分けるなら、信二とヒメネスも同様にしてくれ!

4)ロクに試しもしないで陽を二軍に落としたのは納得いかない。育てる気はないのか?

posted by Fighters503 at 13:38| Comment(7) | TrackBack(5) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。