2009年02月28日

キャンプ終了

 晴天に恵まれたという今年のキャンプ。大きなけが人もなく無事終わったのはなにより。あとはWBC組も含め順調に調整して、開幕時に全員がベストの状態でいてほしいものです。

 さて、キャンプ中は欠かさず見ていたGAORAの番組。外人組を除いて主力選手は全員、コーチや監督、GMや、はてはオーナーまでインタビューに登場するとはびっくりです(同時にやっていたタイガースに比べると、その協力的なこと!)。GAORAには確かファイターズの資本も入っていたし、ファイターズの情報番組で全国ネットはこれだけだからこれぐらいのサービスは当然かもしれませんが、去年まではオーナーやGMなんて全然出てこなかったですから、この番組の価値を球団も認めるようになったということでしょう。光山氏もさすが「ハム番」として、相手がオーナーだろうが、聞きにくい質問を遠慮なく訊いてましたね(ダルのポスティングの話とか)。

 さて、私がずっと気になっていたのは、連日の晴天、そしてダル稲葉のWBC組に引っ張られて全員の仕上がりが早いのはいいにしても、オーバーペースになってバランスを崩さないかということでした。案の定、昨日の賢介のインタビューでは、仕上がりを早くしすぎてシーズン終盤にばててしまうことへの懸念、そして今日の監督インタビューでは、早く仕上がりすぎて開幕時にベストに持っていけるかどうかという懸念を、それぞれ表明していました。そこらへんはこれからの調整にかかっていますね。なんとかうまくのりきってほしいものです。

 賢介はインタビューを聞くと、実に生真面目(マジメすぎるぐらい)、そして実は小笠原あたりに近い頑固なマイペースの求道者タイプなんですね。去年自分の打順が一定しなかったことに関して「1番2番3番とコロコロ変えられて……」という、けっこうトゲのある言い方をしててびっくりしたんですが、どうやらそこらへんの采配には不満があった様子。監督も就任一年目で気は遣ってたはずですが、賢介は一見穏和そうなんで、便利に使ってしまったということでしょうか。2年目になって、監督がそこらへんのことをちゃんと気づいてるかどうか。「どんな使い方をされても動じない精神力を作る」みたいことも言ってましたが、ちょっと気になりました。

 さて監督インタビューのトピックは、やはり開幕スタメン構想。まとめてみると(太字が現時点での最有力候補)

補 鶴岡
一 ヒメネス
二 賢介
三 小谷野
遊 足の具合が順調なら二岡。二岡の足がダメとなると陽。
右 稲葉
中 森本と糸井の争い
左 スレッジ
DH 中田? ボッツ? 足の具合次第では二岡

 鶴岡は当然、開幕投手がダルだから。ほかの投手でどうするかは明言していませんでした。ヒメは守備が予想よりもはるかに巧いとのこと。三塁も「小谷野で間違いない」と断言。中田は現時点ではDHに回るしか出場機会はなさそう。そのDHもボッツや、足が全治しなかったときの二岡と争うことになりそうで、ラクではないですね。しかし多くのファンの要望としては、中田の特大の一発を一刻も早く札幌ドームで見たいというものでしょうし(私もそう)、開幕DHスタメンの可能性はかなり高いと見ます。

 中堅が、現時点では選手としての格も経験も実績も全然違うはずの森本と糸井の争いと言い切ったのも驚きました。現時点では守備では森本>>糸井、走塁は同格かやや糸井が上、打撃はわずかに森本>糸井かなと思っていましたが、どうやら監督は予想以上に糸井に高い評価を与えているようです。糸井ファンとしては嬉しい限りですが、これから一ヶ月あまり、年齢も身長も体型も選手としてのタイプも近いこのふたりのしのぎを削る争いはけだし見物ですね。この争いが、どちらかの故障で決着が着くことのないよう祈りましょう。あと、スレッジがレフトといっても、それで1年押し通せるとも思えない。去年は二岡同様ふくらはぎの故障で離脱したことがあるわけで、外野の布陣はしばらく流動的でしょう。

 そして投手陣。

先発は
ダルスイーニ−武田勝藤井は決定 残りは榊原? 多田野? 須永?

抑えは
武田久か林、榊原?

セットアッパーは
建山、宮西、谷元

中継ぎは
坂元、金森、ウイング、ダース、菊地など

 ただしこのあたりはかなり流動的なよう。私としては藤井あたりを「決定」として特権を与えてしまうのは大いに疑問。実績があるとは言ってもそれはすべてヤクルト時代のもので、ウチに来てからはわずか3勝しかあげていないわけで、いまのところはなはだ期待外れもいいとこ。それなら八木だって同じようなものです。こないだの阪神、ロッテ相手の練習試合を見ても不安が一杯。今すぐ鎌ヶ谷に落とせとは言いませんが、同じ左腕で虎視眈々とローテを狙っている八木、吉川、須永と競わせるべき。お墨付きをもらってマイペース調整ができるような立場ではないことを、自覚させるべきではないでしょうか。

 そして問題の抑え。実力や実績からすると久、で、あとは林、場合によっては新人・榊原というのが監督の考えのようです。しかし9回頭から出てくる抑えよりのほうが、7回2死満塁、というような厳しい場面で出てくるセットアッパーよりラク、ということもあるらしく、そここそを久に投げてもらいたい、という思いも、吉井コーチあたりにはありそう。難しいところですね。私は久はセットアッパー、抑えは(首の具合が全治すれば)林あたりがいいのではないかと考えます。榊原抑え構想は、「新人でいきなり抑えやった投手で(選手寿命的に)長続きした選手はいない」という吉井コーチの言葉が気になります。できれば先発に回ってもらいたいですね。

 しかしいずれにしろまだ開幕までは一ヶ月以上あります。いま絶好調の選手が開幕時までそのままの状態でいることはまずありえないし、調子が悪い選手も同様です。これからオープン戦を繰り返し、次第に戦力も整っていくでしょう。東京地区のオープン戦は17日のオリックス戦が最初。万難を排して乗り込み、新生ファイターズをこの目で見極めたいです。 
posted by Fighters503 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

三歩進んで二歩下がる

 ……てな言葉が今日の中継で出てましたが、昨日あれだけ良い試合をしたのに、そうそういいことばかりは続かない。それなりに見せ場もありましたが、課題のほうが多く出た対楽天の練習試合でした。

 スレッジ、ヒメネス、小谷野に一発。坪井にあわやホームランかという三塁打(スイング、打球の速さが去年とは全然違う印象)、賢介もマルチ安打と、総じて実績のあるレギュラークラスの選手が結果を出しました。

 ヒメネスの当たりには度肝を抜かれましたが、新外人にはいろんな球種やコースを放って得意・苦手を探るのが定石。まして相手は百戦錬磨の野村監督です。今日の結果でしっかりマークされ、開幕までには丸裸にされていると思ったほうがいいでしょう。そこを乗り越えて打てるかどうか。今年のウチの浮沈を握りそうです。いっぽうのライバル、ボッツは結果が出ず。足下の変化球にふがいなく空振りを繰り返すあたり、あまり去年までと変わっていない、というのが率直な印象です。

 投手陣。スウィーニーが例の15秒ルールでリズムを乱し2ランを打たれたものの、投球そのものは順調に仕上がっている印象でした。武田勝もエラーとボークでピンチを招くものの、まずまず。宮西はほぼ完璧な投球で、江尻と菊地も、いい当たりはされてましたが、1イニングを無難に押さえました。

 一方若手陣は攻守ともにいいところなし。特に中田は3タコ2三振にエラーひとつと、まったくダメ。記録に表れない怠慢守備もあって、打てないばかりか投手の足をひっぱりまくり。途中交代は懲罰でしょうか。TV解説では「集中力に欠ける」と言われてましたが、せっかく昨日あれだけいい感じだったのに、それが続かない。打席で結果が出ないと守備まで影響が出てくる。そういうむらっ気をはたして開幕までに解消できるか。

 この日は中田以外にもエラーが連発して(確か4個)、守備のチームとしてはお粗末すぎ。高口なんて、こういうところで堅実にミスなくやらなきゃ、一軍には残れません。今後に大きな課題を残しましたね。陽も今日はいいところなかったです。大野は捕手としての落ち着いた身のこなし、きっちりチャンスで犠牲フライを打てる堅実さは悪くないですが、やはりあれだけ点をとられたのはいただけない。洋平もなんだか覇気を感じないプレーで、印象は良くない。

 糸井は1ヒット1盗塁と、それなりにいいところは見せたものの、解説陣は「ガムシャラさに欠ける」との評価。しかしこれは彼に求められるものがひとつ上にあがったということだと思います。「プレイヤーというよりアスリート・タイプ」とはなかなか言い得て妙だと思いましたが、言い方を替えれば選手としての素質の高さは誰もが認めるけど、プレイがきれいすぎて迫力に欠ける。技術があってもそれを律する精神力の点でまだまだというところでしょうか。まだ失敗を恐れる気持ちが強すぎるのは、まだ野手としての経験値が足りないことからくる自信のなさでしょう。思い切ってダイビング・キャッチぐらいしてみろと光山に言われてましたが、キャンプのこの段階で無理してケガでもしたら大事です。ケガの多さは糸井は最大の課題。いろんなテーマをクリアして、よりスケールの大きなプレイヤーに成長して欲しいものです。

 そして若手投手陣。金森はバックに再三足を引っ張られ、風にまで嫌われて気の毒な結果に。もう1回ぐらいチャンスはあるでしょうか。いっぽう宮本はまったくいいところなし。このままでは一軍残留はきついでしょう。入団当初から噂されている打者転向も視野に入っているんじゃないでしょうか。本人がどう考えているかわかりませんが、転向するなら早いほうがいい。

 稲葉以外ほぼスタメンクラスを揃え、投手もローテ級を出したファイターズに対して、一軍半クラス主体の楽天が鮮やかな逆転勝ち。相手側の若い選手のイキの良さが目立ちました(牧田はいい肩をしてますね)。ここに山崎、中村ノリ、セギ、リック、高須、鉄平といったスタメンクラスが加わってくる。今年の楽天は要警戒です。

 あしたは韓国のチームとの練習試合。TV中継がないのは残念ですが、今日見られなかった榊原、矢貫、谷元あたりが投げるのかな?
posted by Fighters503 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

期待ばかりが高まる

 こないだの阪神との練習試合もTV中継されましたが、あれは阪神の主催試合で、実況アナも解説もウチとは関係ない人。今回の対ヤクルト戦はGAORAで、実況はおなじみ城野さん。野球の季節がやってきたと実感しますね。

 新聞報道によれば、今日から始まる練習試合3連戦で一二軍のふるい落としがある模様。今年は投打とも固定されていないポジションが多く、競争はますます激化しそうです。

 まずは須永の驚きの好投。キャンプ当初から今年にかける意気込みを感じていましたが、今日の投球は実に堂々としていて、自信を感じましたね。テンポよく投げ込んでどんどんストライクをとっていく。変化球も切れていたし、ストレートは伸びがある。2年ぐらい前の阪神との交流戦で、結果を気にしすぎるあまりオドオド萎縮してしまい、つるべ打ちにあっていた惨めな姿からは、まるで別人のよう。これが須永本来の姿なんでしょう。これからシーズン開幕まで何回かあるはずの実戦登板で結果を残すことが必要ですが、どうもピリッとしなかった八木に一歩先んじたのは間違いありません。他の投手との兼ね合いもありますが、開幕ローテ入りもありえますね。吉川や須永がローテに入ってくるようなら、武田勝とあわせ、たちまちリーグ屈指の左腕王国の誕生です。

 いっぽう八木はどうも気合いが空回りしている感じで冴えず。結果を出したい焦りでしょうか。藤井もまだまだ調整途上のようです。糸数はバックにも足を引っ張られましたが、3点リードの9回表、つまりセーブがつく場面でいきなり先頭打者四球はイメージが悪すぎ。期待の投手のひとりですが、これは鎌ヶ谷行き決定ですかねえ。

 そして打つほうは若手がアピールしまくり。4打数3安打が全部長打、守るほうでもボテボテの難しいゴロをダッシュしてさばきジャンピングスローで見事にアウトにしたプレーを始め、驚くほどの進化を見せた中田は、この調子なら開幕スタメンは決まりでしょう。打席ではいつもワクワクするような期待感があるし、打っても凡退しても見る者が破顔一笑してしまうような華というか明るさがある。打席でも風格が出てきました。確かにスーパースターの資格十分。もしかしたら今シーズン中にも中田4番の場面があるかも。今後ともさらなるスキルアップを目指し、天狗にならないよう、精進を重ねてほしいですね。

 そして走攻守で光るプレーを見せたのは陽。守備はもうすっかり安心して見られるようになったし、打つほうもしぶとさが出てきました。パンチ力もある選手ですが、大きいのはとりあえず中田に任せて、まずはスピードと確実性をアップしてほしい。盗塁も決めたし、こりゃ本当に中田陽の三遊間が実現するかも。そして私の期待の糸井。このキャンプではあまり調子が良くないとか言われてましたが、それでもきっちり結果を出すあたり、やはり外野の一角はこの人が最有力候補でしょう。経験を積んでプレーに落ち着きが出てきました。今年の大ブレイクに期待です。

 チーム全体としては、足を絡めたソツのない攻撃で勝ち越し点をもぎ取った回が良かった。去年のうちは盗塁数の激減が示すように、どうも積極性に欠けるきらいがあったので、この方向性は正解です。足の速い選手が多いんだから、それを活かさない手はない。

 あしたは楽天との練習試合。同一リーグのライバルとの初対戦。噂の榊原も見られそうです。楽しみ。 
posted by Fighters503 at 17:25| Comment(3) | TrackBack(0) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

キャンプたけなわ

 もうキャンプも第3クールに突入しているのに、またも更新をさぼってしまいました。毎日GAORAのキャンプ番組やスポーツニュースをチェックしてますが、楽しいですねえ。シーズンが始まるとイライラカリカリすることも多くて、意外とストレスがたまったりしますが、この時期は先に希望と期待しかないから、楽しさしかない。一年で一番野球を楽しんでいる時期かも。昨日もさほど野球に詳しいわけでもない友人と飲みながら、ひとり口角泡を飛ばして野球論議してしまいました。

 ここまでのところ、木下が脇腹痛らしいことをのぞけば、大きなケガや故障もなく、順調のようです。ダルや稲葉のハイペース調整につられてか全員かなりのピッチで仕上げているようで頼もしい。疲れもピークのようなので、今後は少しペースを落とすことが必要かもしれません(今日は午前中で打ち上げたようだ)。マイケルの後釜の抑え、グリンの後釜の先発、そして賢介、稲葉以外は決まっていない野手のレギュラー争い。しかもテスト中の新外人ヒメネスもえらく評判がよく(ロッテのベニーみたいな風貌・体型ですが、身長はダルやボッツ並みのようで、打席に立つとめちゃくちゃ威圧感がありそうです)、みんな目の色を変えているようです。こういう激しい競争は大歓迎。

 前のエントリーで今季の一軍メンバーを予想しましたが、ヒメネスをはじめ、鵜久森や市川、洋平など若手のアピールも激しくなって、予想とは大きく違ってくる可能性大。今は仕上がりを早くして首脳陣にアピールしたい若手が目立ってますが、ベテラン組が本格的に仕上げてきたときの新旧の争いが、また見物です。ベテランでは二岡がケガの再発を恐れスロー調整になっているようですが、心配事はそれぐらいでしょうか。

 中田、陽は球団の期待を一身に背負うかのように連日の特守。ふたりともそれに応えよく頑張っているようです。特に中田は今季大爆発しそうな匂いがプンプン。陽も今年は目の色が違うようで、二岡の体調次第では三遊間はこのふたりで決まってしまうかも。そうするとはじき出された二岡がDHにまわり、DH候補の外人組が一塁や外野にまわることになって、森本や糸井は危機感いっぱいでしょう。そこに成長著しい鵜久森や洋平が加わってくる。大野も予想以上の実力のようで(GAORAのインタビューではとても新人とは思えないしっかりした受け答えで、すごく頭のいい印象だった)、一気にツルや信二を追い落としてレギュラー獲得の期待も。そしてヒメネスが入団すると外人5人態勢になって、ひとりは二軍に落とさなければならなくなる。高いレベルでこういう争いになってくれれば、懸案の打力不足も解消できるかもしれません。

 でも打撃陣に比べ投手はいまいちな気が。先発陣に加わらなければならない八木や吉川はピリッとしないし、菊地もまだ本領発揮とはいかない様子。先は長いので、心配はしていませんが……その代わり、崖っぷちの須永が、今年はやってくれそう。

 沖縄は連日暑いぐらいの晴天続きなようで、一度ぐらいナマで見学してみたいものです。 
posted by Fighters503 at 17:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。