2008年10月30日

ドラフト

指名選手一覧

大野 奨太 捕手 東洋大
http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/08dy-6.html
榊原  諒 投手 関西国際大
http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/08dp-2.html
矢貫 俊之 投手 三菱ふそう川崎
http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/08sp-5.html
土屋 健二 投手 横浜
http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/08ky-1.html
5 中島 卓也 内野手 福岡工
http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/08ky-20.html
6 杉谷 拳士 内野手 帝京
http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/08ky-21.html
谷元 圭介 投手 バイタルネット
http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/08sp-6.html
2008年 ドラフト会議指名選手(迷スカウト)

 しかしメディア報道はまったくアテになりませんね。今回は他球団との駆け引きであえて情報統制して、1巡目指名がもれないようにしたんだろう。その甲斐あっての、今年1番の即戦力捕手の一本釣り。大野の一位指名を予想したメディアってなかったんじゃないかな。

 梨田監督は1年戦ってみて、捕手の弱さを痛感したということだろう。ツルや信二では結局レギュラーには固定しきれなかった。自分が監督になったからには自分の手でレギュラー捕手を育ててみたいだろうし、春のキャンプ次第だろうけど、たぶん一軍で手元に置きながらの英才教育になるんじゃないか。それで信二はほぼ一塁に専念し、マスクはツルと大野の併用という形。これで年齢の近い渡部や今成が奮起して伸びてくれるなら、それもよし。アマ野球は詳しくないけど、キャプテンシーに富んだ強肩強打の大型捕手と聞いている。本人の目標は阪神の矢野らしい。あれぐらい息が長く、打撃も勝負強い選手になってくれればいうことなし。ダルのタマを受けたいと言っているようなので、同じ年同士、名物バッテリーになってくれればいい。

 榊原は非常に負けん気が強く、スライダーの切れる本格派らしく、この指名順位でとれたのはかなりラッキーなようだ。高卒で入った社会人チームがつぶれて大学に入り直したり、いろいろ苦労もしているようなので、精神的にも強そう。うまくいけば一年目から先発ローテでも、右の中継ぎとしても、かなりの活躍をしてくれそうだ。どうやら矢貫、谷元は中継ぎ要員ぽい。うちの伝統として、先発は高卒の大型投手、リリーフは大学社会人出身の即戦力、という採り方が多いけど、まさにその路線通りの指名だ。谷元は166センチと小柄で、イメージ的にもまさにポスト武田久。

 土屋は成瀬2世なんて言われてるが、打者としても評価が高いらしく、打者転向も視野に入ってるのかな。でも横浜高出身はプロに入って伸びるので、数年後にはローテーションに定着するぐらい成長してくれたらうれしい。中島、杉谷はどちらも小兵の内野手。いま鎌ヶ谷では内野手不足で、三木が引退、陽や中田が一軍定着し尾崎が捕手転向するとまともに試合ができなくなってしまうほどなので、その補充要員という意味合いもあるか。どちらも野球センスがあり好守巧打、走塁にもどん欲という共通点があるようで、うちはこういう3拍子揃った1,2番打者タイプが好きだね。去年入った中田や大平が将来のクリーンナップ候補のスラッガータイプだから、今年は好打者タイプの年ということか。

 さて、この顔ぶれで欠けているものといえば、左の中継ぎ候補。今年は宮西ひとりしかいなかった。来年研究され2年目の壁にぶつかる可能性もあるし、できればあと2枚は欲しい。トレードでとるつもりなのか、須永、宮本、山本あたりの成長に期待するのか、マサルが中継ぎ転向か。今後に注目だ。

 大野も榊原も入団には特に支障はない模様。気持ちよく入ってくれるのが一番だ。来年が本当に楽しみです。 

 

posted by Fighters503 at 20:23| Comment(4) | TrackBack(3) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

今季終了

 みなさんお疲れさまでした。フロント監督コーチ以下選手・裏方のみなさん、本当にご苦労さまでした。そして西武ライオンズとそのファンのみなさん、おめでとうございます。

 最終戦、今季を象徴するような完敗でしたね。前日に心配した通り、ワンテンポどころかツーテンポぐらい遅い梨田謎継投で余計に傷口を広げた感はありましたが、まあ昨日の涌井の出来ではダルでも先発させない限り勝ち目はなかったでしょう。攻守走采配すべてに渡って西武の方が上でした。去年の日本シリーズもそうでしたが、ここまで完敗だとかえってすっきりしますね。ダルしか頼るピッチャーがないという現状も、1年前と何も変わっていません。せめて八木がいてくれたら……

 結果論ではありますが、第一戦のダルの先発を外が苦手とかマウンドが低いとかあれこれ理由をつけて回避したのが、最後まで響いた気がします。一勝のハンデがある短期決戦、しかも今季終始圧倒された相手では、第一戦をとって先手をとり星を五分に戻すことがなにより大事なはずなのに、そんな弱気な姿勢では後手に回るのは当然のこと。第一ステージのオリックスの教訓がまるで生かされていません。藤井が骨折していたらしくグリンをもう一度使わざるをえなかったのは痛恨ですが、そもそも指揮官の資質がこのような短期決戦に向いてなかったということでしょう。じゃあ何に向いているのかと言われれば、何も向いてない……と言わざるをえないですが。

 ここでははやくも今季の敗因分析が始まってますね。それを参考にしながら、私も近々今シーズンの総括をしたいと思います。よく、この戦力でCS第2ステージまで進んだんだから梨田はよくやった、という論調を見ますが、私に言わせればよくやったのは監督ではなく選手です。

 さて、平野コーチが解雇され、打撃コーチは福良ヘッドコーチが兼任、中島打撃コーチと大村二軍打撃コーチが入れ替えだそうです。大村コーチの昇格は、今年鎌ヶ谷はよく打ったのでその功績を買われてのものでしょうけど、外部の血は導入しないんですかね。糸井や中田、洋平や鵜久森など、未完の大砲を育てるのに、大村さんが相応しいのかどうか……
 三木は弱冠31歳ではやくも引退、二軍内野守備走塁コーチ就任だそうです。中田、陽など守備に難がある大型内野手の特訓係という含みもあるようです。

 外人4人の去就も不明。2年契約のスレッジと好成績だったスウィーニーは残留のようですが、グリンとボッツの去就が新聞によって違うようです。個人的にはグリンは切って、若い先発投手を育てたほうがいい気がしますが、まあなるようにしかなりませんね。

 次の大きなイベントは月末のドラフト会議かな? 田澤にも長野にも特攻はしないようで、今年は地味なドラフトになりそうです。
posted by Fighters503 at 18:21| Comment(4) | TrackBack(3) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

いきなりの剣が峰

西武 9X-4 日本ハム

 海外出張から帰国、おとなしく自宅でTV観戦のつもりだったが、いてもたってもいられず西武ドームへ。私の西武ドーム観戦勝率は非常に悪いのだが、やはり行くべきではなかったか。底冷えのするガラガラの西武ドーム。帰りの西武線の寂しかったこと……

 やはり一勝のアドバンテージは大きい。ダルが出てくる6戦目までに決着をつけなきゃいけない焦りがあるから西武不利、なんて白井さんは言ってたけど、現実に今日負けて土俵際まで追い込まれてしまった。どうみたってうちのほうが苦しい。グリンに託すしかないが、どうも今日の戦いぶりを見ていると不安が残る。グリンにじゃない。ベンチにだ。

 なぜあそこまでスウィーニーを引っ張るのかな? 第一戦のグリンは序盤だけで自責点10、スウィーニーは7。第一戦は海外にいたのでまだ見てないからなんとも言えないが、短期決戦も短期決戦、特に今日など、長引いてもあと3試合しかないのに、なんで7点もとられるまで引っ張るんだろう。坂元は一回からスタンバイしてたし、2回からでも3回からでもいけたはず。藤井も途中で肩を作ってたし、コマはいっぱいいたはずだ。早めにスイッチして試合を立て直してれば、まだわからなかった。中継ぎ陣の負担といったって、昨日は休みだし残りは多くて3試合。出し惜しみなんて考える段階じゃない。現在好調の強力打線なら多少のビハインドならなんとかなるとたかをくくっていたのかもしれないが、初回の4点だけならまだしも、その後の細川の2ランまで出て0−7じゃどうしようもない。監督談話では「細川の2ランが痛かった」なんてノンキに言ってるが、どう考えても追加の3点はスウィーニーを諦めきれず、ずるずると続投させたベンチの責任だ。まだ現役引退して間もない吉井が先発に必要以上に肩入れしてしまうのは仕方ないかもしれないが、梨田の場合、ただ単に気が弱く優柔不断なだけだろう。ダメだとわかったらさっさと代える決断力や非情さが、指揮官として決定的に欠けている。特に打ち込まれた投手に未練を持ちすぎだ。

 これが長いレギュラーシーズンの最初のほうの試合ならわかる。たとえ試合は落としても、なんとか立ち直ってもらって次回登板へのきっかけにしてほしいし、試合を壊した責任をとらせるという意味も、無駄に中継ぎを使わないという意味もある。だが何度も言うが、あと長くても3試合しかないのだ。この土壇場にのんびり捨て試合など作っている余裕など、どこにもないのである。

 いずれにしろ今日の大敗で昨日までのいい流れは完全に変わったと見ていいだろう。西武打線は大振りをせずタマに逆らわない逆方向への軽打に徹していた。1日のブレイクで、ちゃんと修正してきている。強打が売り物の打線がこういう意識でこられると手強い。それに比べうちのヘボ打線は立ち上がりアップアップの石井一に対して45番が2連続見送り三振ですよ。あしたも都合で試合は見られないが、涌井から大量点は望めないから、グリンの意地に期待するしかない。あしたこそ投手は出し惜しみしないでな、梨田さん!
posted by Fighters503 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

第2ステージ進出

日本ハム 7-2 オリックス

 まさか短期決戦でここまで守りの差、経験値の差がものを言うとは思わなかった。いや、わかってはいたけど、こんなにはっきりと出るとは。いいプレーが出ながらも(2回の後藤のプレーは曲芸レベル)、肝心なところでミスを連発してしまった相手と、そこにソツなくつけ込んだウチ。小松相手の3点はクリーンヒットでとった点はひとつもなし。運も多分にあったが、坪井の好走塁など、すべて紙一重のプレーをしのいでもぎ取った、これぞファイターズ野球の真骨頂という感じだった。再三バックに足を引っ張られながらも大崩れしなかった小松の精神力は、とてもプロ2年目の投手とは思えない立派なものだったが、ピンチになっても野手もベンチも投手に声をかけようとしないオリックスには、やはりこういう大舞台での経験値が絶対的に不足していたのだろう。それに比べ賢介や糸井など節目の場面でのファインプレーで要所を締めるウチは、大舞台であればあるほど落ち着いて見える。7回表、昨日好投した吉野や清水ではなく菊地原を出したむこうの継投も疑問だった。そもそも相手エースから逃げたようなローテーションで来たことからして、間違っていたのかも。やはり平常心でいることは難しいらしい。

 ともあれ第3戦までもつれることなく決められたのは良かった。藤井がここにきて本領を発揮しているのは心強いし、今日の先発に抜擢した梨田采配も褒められていい。ただし中継ぎ以降がやや不安を残した。建山は全般にタマが高めに浮いていて最後まで修正できず。点差があって相手が淡泊になっていたのがラッキーだった。マイケルもストライクが全然入らずどうなることかと思ったが、北川が無死一二塁であっさり初球を打ち上げてくれて助かった。どちらも僅差だったら危なかった。本番までに要調整だ。

 打つほうは、ベンチにも入れなかった稲葉のケガの具合、そして依然ヒットのない森本と糸井が心配。その代わり坪井とボッツ、賢介、小谷野らが調子をあげている。とくにシーズン中はあまり西武と対戦していない坪井がキーマンになりそうな予感。

 さて、こうなればウチには失うものは何もない。西武もここにきて調子を上げ試合巧者ぶりを発揮しはじめたウチに内心ひやりとするものを感じているはずだ。今日の結果を見てもわかる通り、いい投手相手にはなかなか大量点は望めない。ミスの有無が勝敗を分ける。大舞台での経験値はウチの方が上だ。怖がることはない。全力で応援しましょう。

 ……といいたいところだが、私は仕事の都合で今週末は海外。残念ながらリアルタイムで試合を見ることはできそうもない。週明けには帰国するので、火曜からの3連戦を全力で応援することにします(前半の3試合で3連敗するとその時点でCS敗退だが、今の流れでそれはありえないと信じる)。皆様、それまで応援よろしくお願いします!
posted by Fighters503 at 19:01| Comment(3) | TrackBack(5) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

まずは1勝

日本ハム 4-1 オリックス

 まずは予定通り。だが向こうもこの結果は想定の範囲内だろう。先発が崩れ勝ち味が薄くなるとブルペンを総動員してCSの場を体験させ、かつ使える選手とそうでない選手を見極めてきた大石采配はなかなかしたたかだ。ただ第一ステージは最大でも3試合しかないわけで、悠長に戦力見極めなんてやっても、あした負けてしまえばおしまい。それがどう出るか。

 こっちはワンチャンスを生かし集中打も出たけど、中継ぎ以降に完璧に抑えられたのは不安が残った。まあダルが投げるときにある程度点をとると気が抜けてしまい攻撃が淡泊になる傾向はレギュラーシーズン中からあったけど、あした以降にそれがどれだけ響いてくるか。ふくらはぎの張りで交代した稲葉も心配。まあ私がとりわけ悲観的なせいもあるが、ダルで先勝しながらその後完璧にやられた去年の日本シリーズを思い出すんだよね。あのときの第一戦もセギの一発以外は完璧に抑えられたんだっけ。第3戦までもつれこむといやな感じだから、明日決めてほしいなあ。

 ヒットが1本でも出た選手はいいとして、1〜3番がまったく音無しだったのは気になる。坂口が2本もバントヒットを決め、ダル相手になんとか塁に出ようという執念を見せたのに、うちの1、2番はまったくの策無しだ。あした小松相手に今日のような連打連打は期待薄。脚が売り物の選手が多いんだから、少しはそれを生かし揺さぶりをかけることを考えてほしい。
 
posted by Fighters503 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(6) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

戦力外通告

http://www.fighters.co.jp/news/detail/372.html

北海道日本ハムファイターズは本日10月2日(木)、下記の6選手に対し来季の契約を結ばないことを通達いたしました。

■投手
12歌藤達夫選手(30)
19中村泰広選手(30)
28金澤健人選手(29)
49内山雄介選手(24)

■捕手
37小山桂司選手(27)
56駒居鉄平選手(26)


 毎年この時期はつらい。でも酷なようだが、顔ぶれを見れば納得かなあ。去年の萩原もそうだが、移籍組は見切るのが早いね。小山はもう少し様子を見てもいいと思うが、年齢的にのびしろがないと判断されたのか。2人も解雇して捕手は層が薄くなるから、ドラフトで捕手の指名がありそうだ。もちろん左の中継ぎも。このあと内野手と外野手も追加があるのかな。できればこれで打ち止めにしてほしいが……

 阪神で正田樹も戦力外。かってのドラフト1位新人王。左腕エースになるはずだったんだけどなあ。

 現役を続けるにしろ、引退するにせよ、みな今後の人生はうまくやってほしい。一度でもファイターズのユニフォームに腕を通した選手は特に。
posted by Fighters503 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(4) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

CS進出決定(驚)

日本ハム 17-0 楽天

 16点リードした8回の守りがまさか今日一番緊迫した見せ場になるとは(苦笑)。防御率1位とか奪三振1位とか200投球回とか、いろいろ記録がかかってダル続投になったみたいだが、ああいうのは個人的に好きじゃない。負けがほぼ決まった相手に、まるで追い打ちでタコ殴りするかのようなエースの登板。相手に対しても失礼じゃないかな。こんなふうに無理やり作った記録に価値はない、とまでは言わないけど……たぶん杉内も岩隈ももう一回先発してくるだろうし、そこで抜かれても仕方がない。そんな記録なんてなくたって、ダルのすごさは誰でも知ってるんだし。

 さて、苦手田中を打ち崩し、安打数球団新記録のおまけまでつけての、まさかの大勝。千葉マリンでも西武戦得意だったはずの渡辺が打たれて、最後の最後までもつれるかと思ったCS進出があっさり決まってしまった。田中はそんなに悪い出来とも思わなかったが、今日に限ってはうちの気迫が上回っていた感じだ。全然当たりはよくないけど、執念だけで持っていったようなヒットが何本もあったし。

 ともあれこれで今年はもう少し野球を楽しめる。正直、オリックス戦に3連勝したあとの楽天3連敗(9/18)で半ば諦めていたので、これは望外の喜びというしかない。ていうか、28日の負けで完全に今シーズン終了のつもりでこのブログを書き、「梨田では勝てない」と断言してしまったので、いま私は、非常に恥ずかしい思いをしている(苦笑)。それ見たことかと言われても一言もない。心からCS進出を信じて応援していた方々には素直に脱帽だ。とはいえ、3つ前のエントリーで書いたことを撤回するつもりもまったくないけど(間違ったことを書いたとは、まったく思わないから)、ともあれ、ここまできたら奇跡を願うしかない。いや、奇跡というほど勝算が少ないわけじゃないと思うけどね。今日の順位表をみると、ウチと西武のゲーム差はたったの4.5しかなく、オリックスとは1.5だけだ。ただ、以前のエントリーにも書いたけど、今年うちが勝ち越したパ・リーグのチームはソフトバンクしかない。西武やオリックスとは、ゲーム差以上の力の差を感じていたことも事実。そんなチームがパ・リーグの代表で出られるほど日本シリーズへの道は甘いものじゃない。ひとつでも勝てたらもうけものというぐらいの気持ちで臨みたいところだ。

 まず第一ステージはオリックス。11勝13敗とブは悪いが、9月以降の5試合は4勝1敗と勝ち越している。こっちには勢いがある(と思いたい)し、五分五分と言っていいだろう。2勝すれば第2ステージ進出だから、絶対エースのダルがいるぶん有利と言えるかもしれないが、相手も目下6連勝中、新人王確実で勝率1位も狙おうかという小松がいる。たぶん第一戦はダルと小松のガチンコ対決だ。ダルは対オリックスは3試合2勝0敗防御率2.88、小松は対ファイターズ3試合1勝0敗防御率1.42で、数字だけ見ればウチが有利とはとても言えない。いずれにしろダルで落としたらさすがに絶望的となる。小松を打ち崩せるかどうか。シーズン中はそんなに対戦はなかったから、これからいかにデータを集め、攻略法を見つけることができるか。第2戦はグリン、第3戦までもつれればスウィーニーかな。カブやローズがおとなしくしてくれることを祈ろう。

 ここにきて先発陣はまずまず安定してきた。リリーフは不安だが、そこはうまく調整してもらうしかない。打線は……今日はさすがに参考外だろう(苦笑)。いいイメージで終わったのはいいこと。復帰した坪井や小田がいきなり結果を出したのは大きい。あと、森本あたりが、いいきっかけをつかんでくれればいいけど…… 
posted by Fighters503 at 22:52| Comment(1) | TrackBack(9) | Fighters試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野村さん、お願いします

ノムさんのつボヤキ

−−1日から日本ハム、ロッテ3連戦。相手はCS進出がかかる

 「ウチはどうすりゃいいの?」

 −−3つとも勝てば日本ハムですが…

 「バレンタインはもういい思いしてるからな。3つ勝って、梨田に花持たせてやれ。


 ただし初戦は負ける方向で。
posted by Fighters503 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(1) | Fighters その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。